末期がん患者往診車:緊急車両に指定--栃木「在宅ホスピスとちの木」 /栃木

末期がん患者往診車:緊急車両に指定--栃木「在宅ホスピスとちの木」 /栃木

- 1秒前にさえ人の痛みを持ち去りたがっているヘッド渡辺の願望に達しますか? 構造改革特区使用。渡辺(49)Kunihiko医師が非常時に家による回復を期待した往診を末期ガンにした「在宅ホスピスマロニエ木」(栃木市の箱の森林町)患者の頭として往診を我慢強い家にしたとき使用される乗用車は、道路交通法の緊急車両に指定されました。 機会は「私は、1秒にさえより初期であって欲しいと患者の痛みと思うこと」の強いヘッド渡辺の願望でした。
緊急車両の仕様は道路運送車両法とものの機密保護基準によって10月(’08フィート)の政府の構造改革特区での道路交通法施行令の一部改正で認められました。 赤信号とサイレンはヘッド渡辺の車にインストールされます、そして、優先権走行は非常時の救急車と同様に受入れられます。
県の中でわずかな状態でモルヒネのような薬がある痛みを和らげる緩和ケア専門医。 08年間のヘッド渡辺の終わりまでに知覚(見るのがある)tta患者は合計で82人です。 それは時折移動ではなく、非常時、および車での往診によるお盆の出国ラッシュがそうする回転しているコネでした。 次に、緊急車両の仕様が構造改革特区に認められるのが、提案して、それはこの改正に通じました。
‘ヘッド渡辺は、「’患者が魅力的ですが、到着が交通渋滞で遅れているのが、圧力である、それは苦痛です’と指摘します、そして、’患者の家族」に、それは苦痛です。 それに関して「癌患者と比べて、緩和ケア専門医がわずか過ぎることは、根本的要因です。 医師の数がさらに増加するならサイレンが使用されていなくても、それは終わるようになります。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


広島県、乳がん対策拡充 死亡率を全国最低へ »
« 遺伝子使わずiPS作製 がん化懸念少ない、米独