遺伝子使わずiPS作製 がん化懸念少ない、米独

遺伝子使わずiPS作製 がん化懸念少ない、米独

米国スクリプス研究所などの米国のドイツのチームは、彼らが遺伝子の無駄における、マウスの実験のため引き継いだ24日に米国科学雑誌セル幹細胞に知らせました、そして、新しい万能細胞のiPS細胞をそれにするのは様々な組織に成長できました。
癌への作成などの少しの心配を伴う安全なテクニックとして注意をそれに向けます。
iPS細胞、京都としての大きい同じくらい教授が開発した山中いいえ**が皮膚などAfterのセルの中の4つの遺伝子を遺伝子に中に建てて、するのは、米国のドイツのチームの方法に入れられないで、遺伝子が作るタンパク質は、あらかじめ別々に作られて、それはセルにそれを入れます。
タンパク質がマウスの胎児の皮膚細胞に入れられたとき、それはiPS細胞になりました、そして、約1カ月それを培養しました。 それは、肝臓、心筋、神経のセルなどに分化するように確認されました。
そのうえ、それは言われています。4つの遺伝子の中にがん遺伝子を除いて、3種類から作られたタンパク質を置きましたが、iPS細胞はすることができました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


末期がん患者往診車:緊急車両に指定--栃木「在宅ホスピスとちの木」 /栃木 »
« がん治療 生かせ患者力