がん治療 生かせ患者力

がん治療 生かせ患者力

皆によって受けられる中で癌の治療最も良い社会を目的とする「がん対策の基本法則」は、実施されて、時がそうであり、2が何年であるものことです。 患者と家族の苦心の減少から目標にそれを固執させました、そして、患者の声によって政策に反映され始めました。 患者が心配に関して互いに話して、それが、より良い治療法を捜し求める場所があるとき。 そのような願望が全の国の前で達成された島根の「癌の客間」は訪問されました。

- – 「同意の医療」要求交換
増田赤十字病院における7番目の床の会議室、(島根県の増田市の****、町) 癌患者と家族が1、火曜日の3時の午後に毎週、集まる「客間」になります。 去年の11月に3番目を操作した子供のyui土井(69)が、7日に今月を訪問しました。 話はそれとしてコーヒーで楽しんで、シュークリームも弾ませます。

それはさん/さんです。 それであれば回復するのは一度それを切ります。「癌はそうです… もっとも、腫瘍(腫瘍)マーカーが先日から2?4に上ると思いました」と言う土井。 ****客間を代表している本当の親と増田癌の気にかける客間が答えた遼一(71)、「それは心配していない、安全であった範囲でした」。

佐々木貴子(58)が少し遅かったときに、それは関与しました。 夫は去年の6月に癌のため迷子になりました。 「気持ちはそれを閉じます。 しかしながら、夫は病気で破られませんでした。 それは癌のガイドに導かれます、そして、私は考えます。死にかかる。 私が、人生をし終えるので、ttandaです。 」それは周囲の癌患者と話しました。 さん/さん 佐々木は、夫と結婚して、客間に行きました。 私は、明確に生きるために何をしてもよいですか?「夫婦が非常に長い時間を過ごし、初めて夫を知ったとしても、話されていない願望は、****との会話で言われました。」。Itは話します。

さん/さん 夫の検死であるときに、佐々木は、客間に通勤します。 「私は心配を感じます。いつがここで話すかは、小さいものです。 夫との接続を思い出すことができます。 」

客間では、腎臓とぼうこう(ぼうこう)の癌の手術を受けた****が04年の夏に医療格差に驚いていたのは、始まりです。 代替のぼうこうが作られたところで操作は、私にとって最も良い****がなどHoweverを様々なドキュメントに基礎づけたと判断しました、操作がローカルで増田市ですることができなかったとき、気にかけて。 「ここに住み続けるためにただ操作のグレードを落とすことができること」以外に取扱方法は選ばれました。

患者の知識についても違いがありました。 患者が全の国から集まった大阪の病院では、患者が様々な要求と意見を医師に伝えていました、そして、それが病院の改良に通じるように思えました。 私が増田で何を医師に言ってもよいかを理解しない多くの患者がいました。 ガイドが癌の経験を共有して、患者の力を改良するために地方紙に出されたとき、約30人は、集まりました。 客間は12月、’05フィートで始動しました。

今回就任のときにほとんど毎回客間に通う増田赤十字病院サブディレクターヒロユキ・岸元は、話します、そして、「客間では、端的に言えば、患者が言いたがっているものを与えます、そして、要求を引き起こすことができます」。 癌に関する本は客間で出て来た意見から集められました、そして、情報検索がインターネットですることができた角は病院における1階によってセットアップされました。

3tsuaruと****は客間の役割を指摘します。 .回復であること。 *をyashiする、私、患者では、処理はする方法について議論します。 21まで増加する客間は、現在、島根を県に置きます。 県は、1年に4回以上の客間の代表を招待して、****が言う初めのなどの意見交換会を支持しています、そして、「それぞれの客間の得意は決められます、そして、機能分離が必要です」。

- – 島根Aからの客間と全の国と、1番目になる癌患者の客間の全国的な集会が9月21日に出雲市で行われます。 [****]「処理と患者の知識の違いは小さく少しずつなっています。 それは、以下の世代のために客間を出て、全の国に分かる人を増加させるように癌患者以外の人々との協力を深めたがっています。 」それは話します。

- – それはShutoなどにそれも設立します。
また、癌の客間は島根以外の中国の4つの県で増加しました。

4つの県の29癌の診療のためのベース病院の中に朝日新聞の試験には客間が15の病院にあります。 それは「客間米子を微笑んで示す」ことです。 「国立病院メカニズムでは、米子ヘルス・センター(米子市)は鳥取県で最も古いです。」 それは1月、’07フィートでそれを作りました。 また、他の病院の患者が木曜日に物で毎週、開くと言われていて、約10人は、毎回、参加します。

10の広島県のベース病院の中に客間が7つの病院にあります。 三次の、そして、市の三次の、そして、中央の病院、最初に、「1日のホスピスたんぽぽ」は水曜日です–3。 それは容易に食べられる栄養士などによる食事のようなあらゆる時間の異なったテーマによって開かれます。 我慢強い後援に関して経験する人の協会があります、そして、体験談は4日水曜日に話されます。

今年の4月に山口県で7つの場所の癌のベース病院について率先されました、そして、Shuto総合病院(柳井市)は「たんぽぽ客間」を設立しました。 癌の相談サポートセンターは1週間の3日に開かれます、そして、癌を経験する人は、開かれます。相談のっていて。

患者による我慢強い協会などの対象になって、オープンする客間は、3です、広島の山口の岡山3、および4の地域。 「毎週の水曜日、および癌を経験する人の上に「癌患者友人呼び出し」(082・247・0080)があります」。. . . . 電話で毎週の土曜日の相談を岡山に受けた、」 (086・264・7033) そして電話診療所蚊帳を心配させてください。 ..回転であること。 癌の広島…

- 島根県のがん対策*
1年が死なせる島根の癌の約2500人であり、死亡率は2番目で全国を通じて高いです。 県議会は06年間医療レベルなどの改良に乗り出していた初めての国家のがん対策販売促進法令を制定しました。 4人はがん対策販売促進会議の15委員会で我慢強いです。 専門家の数のなどの数値目標が販促計画にインストールされるとき、患者の意見はなどを含んでいるとして明確に捕らえられます、そして、中央は評価されます、そして、それはそれを置きます。 オリジナルの非常時の雇用が年度2009に測定するとき、県は3400万円まとめます。 1年間、6の癌の診療のためのベース病院の癌の相談サポートセンターの18人のグループでコンサルタントの補っているビジネスをする人は高々雇われる予定です、そして、新人募集はまもなく、始められます。

- 適用範囲追伸?、-それは、さらに増加して欲しいです。
癌の情報はインターネットなどウィルの上にあふれて、しかしながら、主役になるのが可能であるということです。1人の患者の1つとインストラクター、また、どんな感じも救わなかった、どこでも缶の勇気のための客間の必要性を変えてください、それ、全の国。 年上の患者との交換に加えた患者の声が病院と管理に通られるとき、私は、利益にはいないように考えます、そして、医療格差の修正に通じる場所としての客間はさらに増加します。
(通り)

-  - – -
死因である3人の日本人という1人の「癌」について考えるシリーズは、始められます。
Mami上田、yasushishi斉藤、tajin佐藤、田のMichio、および通りの外のNorikoは采配を振ります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


遺伝子使わずiPS作製 がん化懸念少ない、米独 »
« 紛失:県立がんセンター、3患者の診断用細胞の検体 /神奈川