紛失:県立がんセンター、3患者の診断用細胞の検体 /神奈川

紛失:県立がんセンター、3患者の診断用細胞の検体 /神奈川

県のがんセンター(横浜市のAsahi区)は、22日での癌の診断のためにそれを集めた3人の患者のセルの検体をなくしたと発表しました。 同じセンターは、関するパーティー以外の人々が内外に行かないセル診断部屋で「外部を持ち出す可能性は低いです。」と思います。
検体が上昇しています、患者の名前であり、生年月日が置かれたということであった6個のガラス板の専門家に書いたドキュメントが、同じセンターによると、16日の午後2時頃に失われるのに気付かれた箱。 検体は15日に集められました、そして、臨床検査技師は、16日の午前9時頃に箱に入れていました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療 生かせ患者力 »
« 「すみれ会」  にがん助成正力厚生会