「すみれ会」  にがん助成正力厚生会

「すみれ会」  にがん助成正力厚生会

それは共感の拡張円の「チャット協会」などの乳癌に反対です。泉佐野泉佐野市中病院でベースに作動したhasuoのクミ代表の乳癌患者協会「すみれ色の協会」=(46)=は、販売促進物になるように基礎の「癌の患者群販売促進ビジネス」と積極的なパワー厚生協会について選ばれました。 〈共感の円、〉、人々では、「チャット協会」と患者が率直な願望に関して互いに話す報告を発行するために情熱的なアプローチでだれが同じ病気にかかっているか広げてあります。
すみれ色の協会は言います、病気に対する戦いで感じられた乳癌に苦しんだhasuoが、2005年に「出発点」であるという不安。 「ぶり返しの可能性」と「本当に胸を再建できますか?」 疑問が消耗しませんでしたが、「だれに尋ねるかは理解されません」と言って、それは振り向きます。
それは県で行動した別の我慢強い協会の存在を知っていました、そして、私は「それはこれです。」と考えました。 手術を受けた泉佐野病院への看護師長の協力は受け取られています、そして、ミーティングは10月(’07フィート)に始められます。 願望、「ここに来るなら微笑むことができた場所」は置かれました、そして、それは命名されました、イギリスの「微笑」ゆえ「すみれ色です」。

現在の会員数は約50人です。 年齢層に関して、それは80代にもそこで20で郊外からの入場でさらに広いです。 医療費と薬の組み合わせの勉強会は、チャット協会以外に医師と製薬会社と共に保持されていて2カ月に一度報告問題です。
そのうえ、それに明確に参加します。昨年の乳癌啓発キャンペーンは「リボン大阪を突きます」。 ローカルの「Rinku町」の大きいフェリス式観覧車は光におけるピンク色に向上しました。
この補助金は30万円です。 早期発見の重要性と乳癌の治療を言うために、私は自己診察の啓発の材料をなどにするのにそれを割り当てるつもりです。

「私は、少しでも単独で心配をつかむ1の活動でエネルギッシュになって欲しいと思います。 こと’それはそうです’単にそれが気付かれているので、非常に簡単になるのにおいて可能であることで、です。同じ他の人々。 ..解決できない問題。’. 」。したがって、Hasuoは自己の経験に基づいて話します。
問い合せ: hasuo(072・469・3787)に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


紛失:県立がんセンター、3患者の診断用細胞の検体 /神奈川 »
« スイスのロシュ、「アバスチン」の直腸がん治療効果認められず