スイスのロシュ、「アバスチン」の直腸がん治療効果認められず

スイスのロシュ、「アバスチン」の直腸がん治療効果認められず

チューリッヒ。ロイター。スイス。薬。大手企業。ロシュ。成立してください。株価。企業情報。報告してください。抗ガン剤。臨床試験。なってください。公表してください。操作の後に。直腸癌。我慢強い。再発してください。防止。作用します。認めてください。clarify.The臨床試験が最終段階にありました。
年間売上高、「Abasuchin、」 ドルが既に、合衆国だけで急速に27億まで増加して、また、それが、初期段階に癌患者と比べて、状態の進歩を遅らせると立証できたなら、売り上げはそれが二度増加したと予想したアナリストか以上を持っていました。
そして、そして、ロシュ、化学処理を使用するケース、「Abasuchin、」、一緒にいる、化学療法だけに関するケースは操作直後直腸癌患者のために臨床試験で比較されます。 癌の再発のリスクの減少のための主要目標が達成されていないのが可能にされます。
ロシュが、発展した米国ジェネンテックの「非-ストック」持ち株44%を取得するのに成功した、「Abasuchin、」 先月。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「すみれ会」  にがん助成正力厚生会 »
« 藤田知事:腫瘍摘出手術が成功 公務復帰は来月中旬か /広島