焼きすぎの肉はすい臓がんの原因=米の研究

焼きすぎの肉はすい臓がんの原因=米の研究

ワシントンにおける21日のもの】 高温で合衆国の研究で焦がすことによって料理された肉を食べ続けたときすい臓癌にかかった恐怖が、60%上昇したという結果は出て来ました。 研究結果は合衆国の癌の研究会議で報告されました。
肉は強火によって茶色で焦がされます、そして、これによる呼ばれてそれが研究の中心になったミネソタ大学のアンダーソンによると、発癌物質が形成されるからであることです。 覆われたなべでオーブンで焼けるようにする缶、それはより低い温度、および発癌物質でどんなコックもシチューかそれにしません。します。
健康な6万2581人のために9年間食習慣支出を調査する方法で、研究しました。 その結果、すい臓癌にかかった208のケースがあったので、肉がしばしば焦がされるのが好きであった人の発生は人のものより約60%高かったです。 最も高い比率があるそれが燃焼の肉を食べ過ぎたグループでは、危険は高かったです、そして、また、最大70%も高かったです。
肉が料理されるとき、その人は、燃える前に、肉汁は彼が注意されるべき高温で燃焼を全く推薦し過ぎるというわけではない流し台説明をホールアウトさせて、数分間の電子レンジでそれを加熱するのをホールアウトさせることによって発生している発癌物質を減少させることができると仮定しています。 もの

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


藤田知事:腫瘍摘出手術が成功 公務復帰は来月中旬か /広島 »
« 窃盗:容疑で看護師逮捕 がんセンターで患者の現金盗む /静岡