クラボウ、新田ゼラチンから抗がん剤感受性試験法事業譲受

クラボウ、新田ゼラチンから抗がん剤感受性試験法事業譲受

クラボウが、21日に彼らが新米分野ゼラチンから抗ガン剤感受性調査方法に関するビジネスを引き継ぐ契約を締結したと発表した、(本部を置く、 大阪市Naniwa区、および**michi、蘇我社長) この調査方法は選択するもので同じフィールドに入力します、そして、最も適当であるのを管理するために、クラボウによるそれぞれの我慢強い抗ガン剤であり、医療点検の拡大の目的はビジネスを支持します。 それは内部を含むこの調査方法関係と国外で11年度の1億円の売り上げを目的とします。 抗ガン剤の感受性はDST方法の新米分野ゼラチンCD?技術と「層の習得人間の癌細胞の第1料金文化システムキット」ビジネスから世襲するのに調べられます。 そのうえ、 関連する試薬である組織培養法のためのコラーゲンの独占販売契約、「Serumatorikkusu、」、結論づけられて、6番目、および販売と日付を入れられて、5月1日に始まってください。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


友の絆 がん克服の糧 »
« たんぱく質:ナノレベル粒子で包んで細胞内へ 東大が世界初、がん治療薬開発に