たんぱく質:ナノレベル粒子で包んで細胞内へ 東大が世界初、がん治療薬開発に

たんぱく質:ナノレベル粒子で包んで細胞内へ 東大が世界初、がん治療薬開発に

世界で初めてタンパク質を置く際に引き継がれた東京大学は、約100の微粒子で、セルの中の直径と全体のセルの中で広まる際にナノメートル(1/10,000ミリ)を包装しました。 それはドイツの化学雑誌電子版で発行されました。 この技術がセルの中で使用されるなら、病原体から具体化するのを防御する働きをするタンパク質の「抗体」は置かれます、そして、彼らは働くことができます、そして、十二分に今までのところ高い効果で癌の治療の開発に通じる可能性があると言われています。
現在、抗体を使用した時点の癌の治療はそれが細胞表面で扱ったメカニズムでした、そして、癌細胞の増殖は抑圧されます。 セルの中で抗体機能を作るのは、難しかったです。
調査チームは、ヒト肝臓癌細胞に容易に溶けた材料から水まで微粒子を作って、内部にタンパク質を置いて、加えました。 酸性になるとき、さらに、キャラクタを調教する構造と粒子が壊れるフィルムをこの材料に与えました。 その結果、セルに入って、フィルムで包装された粒子は、フィルムバラに、絶え間なく酸性であるときに壊れるフィルムを壊して、セルの中でタンパク質を排出しました。 タンパク質はセルの中の全体に散りました。
A東京次の。 – 調査チーム(高分子化学)の1人の片岡の大きい教授が話している、「それを達成したいと思う、未来の約5年間で臨床的な研究、」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


クラボウ、新田ゼラチンから抗がん剤感受性試験法事業譲受 »
« 骨粗しょう症治療薬、放射線誘発白血病を予防=米研究