ブロッコリーの新芽に胃潰瘍や胃癌(がん)の予防効果

ブロッコリーの新芽に胃潰瘍や胃癌(がん)の予防効果

日に約70g(芽)のブロッコリーの芽を食べたとき、おそらく、それははっきりさせられました。胃癌(癌)の危険は胃潰瘍以外に東京理科大学の教授のakiraten Yanaka医師の研究で減少しました。 今までのところ。ブロッコリー。取入口。食道癌。膀胱癌。癌の皮をむいてください。肺癌。含んでいます。多く。癌。危険を冒します。減少してください。目立ってください。さらに。胃癌。接合してください。

それが米国のジョーンズホプキン大学研究(ボルチモア)医学部のジェドW.フェイヒーさんによると、ブロッコリーに(sulforaphane)を含んでいて、suruforafanという要素であると言われている、だれ、この予防効果をもたらした共著者のひとり。 フェイヒーさんは初めて、suruforafanには2002年のヘリコバクター・ピロリ(H.幽門)の殺菌効果がある可能性について説明しました。 それが薬の雑誌「癌のPrevention Research(癌の予防研究)」の4月に結局のところ発行されたとき、密接に損害とブロッコリーSproutの取入口のそばでの胃の減少の癌のリスクにそのsuruforafanを関係づけるヘリコバクター属Pyloriが、豊富であるか否かに関係なく、今回の研究は試験です。
ヘリコバクター属Pyloriの感染率は25です–合衆国の30%にもかかわらず、ほぼ90%には感染率が日本にあります。 この研究は48人のヘリコバクター属Pylori感染者のために日本で実行されたものです、そして、半数が1日あたり70gのブロッコリーSproutと残りの半数がsuruforafanを含んでいないアルファルファSproutを取ります。 大きな減少はレベル8 何週間も後にヘリコバクター属Pyloriの感染でブロッコリーグループによって見られましたが、減少はアルファルファグループでは認められませんでした。
発癌物質が重要ですが、セルが初めて歯、およびその結果酵素でブロッコリーに噛み付くのにおいて折れているとき形成されて、肝臓から不活性であるのが、米国ノースカロライナ大学滋養研究実験室のスティーブンH.Zeisel博士に従ったsuruforafanの生産人生sarerutoiuであるということです。 食事への摂取量が増加しているなら、有益な生物活性物質の生産の寿命を促すことができて、ブロッコリーSproutであるときに、それはまだ良いとして許容できますが、その人はブロッコリーについて説明しています。
しかしながら、内部でも容易にタブレットなどがあるsuruforafanを取ろうとする人がいます。 「彼らにすべての人の食習慣を変えさせるのは、不可能です。 何もしていないほうがよいのですが、タブレットは、タブレットが多量に飲まれることを勧めません。 」フェイヒーさんは、解決すると説明しています。 Zeiselさんは、「効果がまた、プラントに様々な要素を含んでいて、取ることによって示されて、それを抽出することによってタブレットの効果を実現しないと思われます。」と指摘しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:/34 小児がん 春休みの家族旅行 /大阪 »
« がん患者や家族、遺族に交流の場を