がん患者や家族、遺族に交流の場を

がん患者や家族、遺族に交流の場を

北の誠州のボランティアは、癌患者、家族、および遺族が交換した新しい組織の就任を目的としながら、調べ始めました。 我慢強い協会がそれが限られていて、多くの患者が少数になったと仮定することによってそれが場所で接合する同じくらいに存在するところで定期的に病院に行く目的地やその領域などにかかわらずまた既存の我慢強い協会に属す人がそうすることができる場所が包含して、医療情報が共有されて、心配するという情報では、話されてください。病院、想定されます。
13人。患者、家族、およびボランティア19日に2番目の準備協会ミーティングに出席してください。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ブロッコリーの新芽に胃潰瘍や胃癌(がん)の予防効果 »
« がん患者の相談窓口開設/八戸