がん患者の相談窓口開設/八戸

がん患者の相談窓口開設/八戸

不安では、それが患者と家族と共にどう癌、苦しみ、および癌に正反対にかかったかについて考える「癌の哲学通院患者」が、5月毎月17日に1回と八戸市に設立されます。 それは癌に関して自由に話します、そして、職業を終了する市民ボランティアや医療と福祉に関連するカウンセラートレーニングコースなどの多くの人々が援助の手を前に伸ばす窓としてボランティアでそれを管理します。 「癌にかかった事実は、沈んだ人々の心のサポートに捕らえられないで、なりたがっています。」と、スタッフは話しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者や家族、遺族に交流の場を »
« 講習会:がん患者向けタオル帽子作り、家族ら52人学ぶ--盛岡 /岩手