講習会:がん患者向けタオル帽子作り、家族ら52人学ぶ--盛岡 /岩手

講習会:がん患者向けタオル帽子作り、家族ら52人学ぶ--盛岡 /岩手

どう脱毛で抗ガン剤処理の副作用で心配した癌患者に贈られたタオル帽子を作るかが都市の統合福祉で保持されたことを学んだコースは、18日に盛岡市のwakasonoの町を中心に置きます。 岩手ホスピスの協会の後援は患者と家族から(gawamoritaのYuji議長)を作りました。 52人の学生がなどが患者の微笑を想像しながら真剣な表情で学んだ患者の家族が好きです。
タオル帽子が簡単であるのから型紙に従ってフェースタオルを切って、縫われる針仕事はすることができて、触れる普通の帽子と透過率から素晴らしいと言われています。 病院のiwatei大きい付属緩和剤ケアチームの看護師の長さのMasako長沢(43)に出席しました。「帽子で、患者の表現は愉快になります。 それが自分でそれを作りたがっている多くの人々もいます。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者の相談窓口開設/八戸 »
« newsそれから:がん患者のサロン設立 支え合いの輪広がる /奈良