newsそれから:がん患者のサロン設立 支え合いの輪広がる /奈良

newsそれから:がん患者のサロン設立 支え合いの輪広がる /奈良

「幸福にそれを費やしたいと思います。」 ”
癌患者が願望に関して話すことができた場所が作られたとしても、1番目が「客間飛鳥を救った」場所は今年の3月に県の中で国民健康保険の中央の病院(田原本町)の患者の集会に確立されました。 設立始めの動き、およびサポートの円、お互いである、また、県の奈良病院(奈良市)のなどで広がりました。【Izumitani koをyonashiします】

約20人は患者と家族が好きです、となどは4月8日に、あった2番目の客間で推測しました。 それは自己序論の後の家族と治療費のような様々な心配などに関して話しました。
展開している奈良市の女性(48)は、昨年の5月の私が2月にすい臓癌のように書いたという記事を読みながら参加した1人です。 すい臓癌に関して、転移とぶり返しの可能性は高いです、そして、処理は難しいです。 それを切除した後に、5年生存率は約10–20%に調整されます。
女性が切除手術に成功しましたが、秋を経験している間、癌と戦わせそれは現在抗ガン剤を取り続けて、嘔吐(嘔吐)は副作用で続いて、すべての髪が続けます。 心で潜むことへの恐怖は、見えなくなって、言われないで、明るいのですが、「痛々しいほど破られて、それになるように思えること」は趣味などの歌に退院した後に、運転するとして日常生活を費やします。

テーマは今までどちらもまさしく始めの客間に決められません。 しかしながら、女性:「それは苦痛であるところだけで些細です。 幸福にそれを費やしたいと思うshindoi。 」それは前向きな発言の関係者の勇気であるかもしれません。 「処理だけで、生きるのは、不十分です。 再び回復しているエネルギーを得に客間に行きたいと思います。 」それは、将来、客間について盛り上がりにそれを予想します。
乳癌他では、高度な状態で持ってください。我慢強い協会の吉岡(66)Toshiko代表、「Daybreak奈良、」、昨年以来のこの患者客間への設立のための活動。 乳癌が42歳のときに費やされて、展開した、さん/さんであることの毎日 取り除いて、抗ガン剤処理がぶり返しでしたが、また、受け取って、右の胸が怯えたすべてが費やされたという手術を受けた吉岡。
それはそうでした。苦痛な心。 ..回復であること。 癌におけるyashiは話した母親の経験と乳癌経験人の全国組織「夜明けの協会」(目黒区、東京)の講演会に基づいて話します。患者がいる仲間がhospitalItで看護師に会った話は、考え、「だれが続き返すかを人々にも経験に言いたいと思っ」て、「夜明けの協会」の奈良支店を94に開設します。 保持されて、定期的になどを公会堂に賃借して、お互いが自分自身の経験であったのについて説明するミーティング。
さらに、それは、年度2007に我慢強い代表委員会として「県のがん対策販売促進会議」に参加します。 ミーティングの共鳴している県のホスピス研究他の議長と準備のShinichiroが始める、議論、およびumatsuでそれが思われるようになるのが「病院では、また入院患者と身体障害者が通勤できる客間が容易に必要です」。 それは、今年、願望の客間設立に達成しました。
設立、「客間飛鳥を救う」、また、県の奈良病院と県の薬が初めて状態でミーティングに参加するのと同じくらい大きく聞かれて料金スタッフです。 それは2番目と3番目になった客間に関して話しました、そして、願望に関して話しました、「できるだけ早く、それを設立したいと思います」と言って。 客間の設立は、すぐに、県の奈良病院の地方の同盟部屋でこれに答えるように、決められます。 今月21日に最初のミーティングは開かれる予定です。
癌の痛み(utsuu) 看病)のMatsubaraayatsuは、「さん/さん」と仮定します。 プランがありましたが、吉岡の他の振舞いは支援されました。 「我慢強いセンターを集まりようにしたくなったでしょうが、まず、私は、未来に病院のワンステップで前進に欲しいです。」充電してください。 ..認識看護師、(… そのうえ、また、患者の医療の相談を受け入れた県の薬の重病アカデミー(柏原市)の医療業務部は客間設立のために「癌患者からの多くの要求がある」として準備を始めました。
さん/さん 吉岡: そのような動きに関して。 「それは本当にうれしいです。 皆、6つの県での癌の診療のためのすべてのベース病院は客間が上手であり、それは私が病院を適用しながら掛かる際に目標に参加できなければならないのを来ます。 」それは話します。
スケジュールを保持する、毎月第2水曜日の午後に「客間飛鳥を救いました」。 県の奈良病院は予定されています。21日の午後2時に会う1番目。 患者客間などへの参加のような問い合せはさん/さんです。 吉岡(0743・66・2180)。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


講習会:がん患者向けタオル帽子作り、家族ら52人学ぶ--盛岡 /岩手 »
« 藤田知事が大腸腫瘍で入院へ