藤田知事が大腸腫瘍で入院へ

藤田知事が大腸腫瘍で入院へ

広島県は、17日にfujitaosuyama知事(59)が18日に大腸腫瘍(腫瘍)の摘出手術のために広島都市の病院に入院したと発表しました。 それが21日を作動させるスケジュール公務リターンは5月中頃見通しです。 代理が置かない義務であり、Hiroshi Ariokaサブ知事はプロキシとしてそれを実行します。
県によると、腫瘍は今月、直腸部分で1つの場所によって10日での健康診断で見つけられました。 取り外した後に、良いか悪性の意志が点検で判明すると言われています。 作動した後に、それは約3週間入院します、そして、退院した後に、家は約1週間回復されています。 1993年11月に知事の地位に就いた後に、入院するのは、1番目です。
フジタ知事「従来と同様腫瘍を完全に取り除くなら公務で始まるのが、可能であるときに、医師から説明を受け取りました。 できるだけ早く、戻って、知事の契約書を完成したいと思います。 」コメントは出されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


newsそれから:がん患者のサロン設立 支え合いの輪広がる /奈良 »
« 寄付:小児がんの子や親のために 歌手・永井さんが毎日新聞東京社会事業団に /埼玉