がん患者支援事業 2団体に助成金

がん患者支援事業 2団体に助成金

積極的なパワー厚生協会
そして、パワー厚生協会(理事長をtsujitetsuoする)が広告を出したのを確信している基礎が決められた年度2009の癌患者グループ販売促進ビジネス、および「ホスピス社会岡崎」(Okazai市)の補助金配達先、「Ba、」「理解協会」(狩屋市)は県の中で選ばれました。 50万円はそれぞれ提示されます。 それはグループと喜びの声の両方の活動の内容を紹介します。
- ホスピス社会岡崎

「私はその領域の局面から認められたというプロモーション決定のために人生、医療、および市民を見なす私たちの活動を考えます。 その意味で、それは非常にうれしいです。 」。岡崎金田代表のサブ許容できる根(Okazai市)のホスピス社会はとても嬉しいです。
ミーティングの就任は2000年1月です。 それは「私は、癌と生活が一緒にぜいたくに暮らすと思いたかった」願望から来ていました。 現会員は約130人です。 協力による癌患者、家族、および民間人のために意図する講演会や医師などのすることの見せかけの我慢強い経験とホスピスのなどと緩和ケア病棟を作るレポートは、高度です。
「癌の医療について考える連続したコースは、5月に岡崎で開催されます。 今後、町から情報を送りたいと思います。 」それは熱心です。
- 若葉、協会

乳癌で自発的に影響を受けたのが主に形成された紗代子Terada(狩屋市)、「若葉、セルフケア練習への考え、中の癌患者のために3月、2003を広げるためには試験済みの協会
癌患者のための「心のセルフケア」が保持されたグループワークは「癌が失われなかったので、患者は面と向かって癌に自己に再生していなくしたところ」の10回と東浦町における健康な広場と年度2008をaichiします。
さん/さんなどの数個のスタッフ Teradaは行動します、そして、グループワーク旅行以外になどは計画されています。 補助金でグループワークを導入する小冊子は発行される予定です。 さん/さん 県のなどもがん対策を進めていますが、患者支持器はまだ不十分です。「患者の声を言いたいと思います。」というTerada Itは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


寄付:小児がんの子や親のために 歌手・永井さんが毎日新聞東京社会事業団に /埼玉 »
« 口腔洗浄剤ががん誘発 USP公衆保健学部高度のアルコール包含原因