口腔洗浄剤ががん誘発 USP公衆保健学部高度のアルコール包含原因

口腔洗浄剤ががん誘発 USP公衆保健学部高度のアルコール包含原因

口内洗浄液が口の癌と咽頭癌などが引き起こされた口臭防止に有効になるように言ったという研究結果はサンパウロ統合大学(USP)国民の健康教育部分の調査によってはっきりさせられました。
20%以上の高度な数のアルコールはほとんど洗浄液について含まれています、そして、過度のアルコール摂取は癌を引き起こします。
毎日口内洗浄液を使用することで独酌しなくても癌の発生が助成される危険があると言われています。
ブラジルの衛生、香水、および化粧品産業社会(ABIHPEC)の調査に応じて口内洗浄液の使用が過去15年あたり22回に広がると言われています。
研究者は一般に、危険を知らずに浸透した事実を切望しています。
それが歯磨き粉、歯ブラシ、およびデンタルフロスなどが歯医者から好きであることが推薦されない洗浄液は、指摘されます。 , そして、それが有効であり、重要性が全くないと口腔衛生管理と思われますが、アルコールは貫かれます。
最近、また、消費者は非アルコール性のタイプの洗浄液です、そして、知識を修正させて、安全な商品erabiをする呼ぶのはその人ですか?

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者支援事業 2団体に助成金 »
« シンポジウム:がん患者の在宅支援がテーマ--尼崎で18日 /兵庫