シンポジウム:がん患者の在宅支援がテーマ--尼崎で18日 /兵庫

シンポジウム:がん患者の在宅支援がテーマ--尼崎で18日 /兵庫

「シンポジウム。」癌にかかっても、慌てます。 そして、癌患者による「**(疲れる)」、それを支持する人が、18日に尼崎の市の昭和時代の専門の2の古風なホールokutoで開かれます。
問題の人か知り合いが癌にかかるときそれがそれを救うことができる在宅支援の望ましい方法はテーマです。 葬儀に関する知識を学ぶコースは、白血病のため妻を失うために男性の体験談を支持している翻訳者と全国を通じて癌患者藤野國央の講演の後に置かれます、そして、医師と癌患者によるそれを支持する人が、「死は、家かそれとも病院ですか?」でパネルについて議論するということです。

午後1時30分?4:30。 無料。 直接来るのは、可能です。 問い合せ: 長尾診療所(06・6412・9012)に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


口腔洗浄剤ががん誘発 USP公衆保健学部高度のアルコール包含原因 »
« がん研究支援募金:走りつなぐ、生の希望 県内では3コースで駅伝 /三重