柳沢昭浩さんの「がん情報を読み解く~1」

柳沢昭浩さんの「がん情報を読み解く~1」

- – - 「iは作成されます–山梨」、—、-

「」山梨Whenが読んで、作成されたiが、まさしくそので解決している、それ、それ、次に、利益、患者、および家族は持っているのがそれだけへのどんな敬意に注意するかに関して付いて、「癌の情報は、読まれて、解決された」というそれぞれの原則の角を始めて、水の曜日の週に、「医療情報は、読まれて、解決されたこと」は4月の癌の情報のテーマと医療情報としての医療読み書き能力の改良による始めを始めました。 癌のネットの日本と医療作家渡辺の2人の作者のYanagisawaが交互に記事を書くChizuru akirahiroshi。 それは病気や医療機関などの医療情報があふれている間、賢明な患者と家族になるのを助かっています。 ↓これは1回目に関する記事です。 記事は角に改良されて、」 *癌情報と医療情報が読まれて、解決されているということです。そして、「インデックスで向上する、私の町の山の洋梨、」 毎週。 (朝日新聞のKofuの総局)

- (癌の情報を読んで、それを元に戻す1) 選択は情報の診断直後重要です。

テーマ「癌の情報」のシリーズが特に「医療情報」で始まると、何かが1回目のように「情報」であると思いたいと思います。

それは、想定されていて、「人の判断と意志をあるようにするすべての出来事が、まっすぐになって、いなくなって、決めた」ということであり、広い意味における「情報」に「敵の動きについてそれらを知らせる」ようになるように語源であると思われます。 戦うとき、すなわち、敵の状況は判断されて、戦略とその後の戦略は作られています、そして、それがいついくつかの決定をするかという前述の情報であるかもしれません。

無意識の「情報」を得て、私たちは、すべての判断でそれを選んで、そのような語源がある「情報」ですが、日常生活でそれについて決めています。 例えば、いつかが判断する、商品を買うときには無意識についてそれを買ってください、する、雌ジカに影響を及ぼすことではなく、購買のためにどの判断を引き起こして。. . 様々な「情報」に基づいた私に。

日常生活、いくつかの決定「情報」、およびを可能にする効率的に集まる材料の行為で、適切な分析は要求されています。 私たちが住んでいる世界は言われていて、近年「高度情報化社会」、および収集、分析、および情報の決定などのような仕事は非常に難しくなります。 それは、最近高校生の娘のカリキュラムでこれらを扱った対象の「情報」があったのをうっかり知っていました。 「情報」の取り扱いを知るのはたくさんの情報に埋められたこの時代に生きる人として重要な以上、より多くの問題になります。

いつが医療、特に癌の医療の部門で「情報」に関してどう考え深いですか?

それに実際に面しています。ある日彼の「癌」人生の多くの人々の着想を助けることができません。 これはほとんどの人のために人生出来事で衝撃と呼ばれます。

多くの決定が、患者に促されてそのような厳しい環境にあることの場合のさえ診断直後家族です。 それが人生で「情報」に基づいているのがそれは最も難しいです、苦痛であり、重要な決定が必要であるかもしれません。
(Yanagisawa事務総長癌のネットの日本をakirahiroshiします)
- HPは http://www.cancernet.jp/ です。

- akirahiroshi Yanagisawaは何ですか?… …?

「癌のネットの日本」(東京)を癌に関する普及にするNPOの事務総長。 それは山梨県のがん対策販売促進会議の委員会です。 全国的な様々な場所はトレーニング協会などでほとんど飛ばされます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


台湾女優アリエル・リン、脳腫瘍切除でスッキリ元気に! »
« 千代田区:がん予防プラン策定 12年度までに検診受診率50%達成を目指す /東京