千代田区:がん予防プラン策定 12年度までに検診受診率50%達成を目指す /東京

千代田区:がん予防プラン策定 12年度までに検診受診率50%達成を目指す /東京

千代田区は乳癌や肺癌などの癌の診察受診率を改良する「癌予防販促計画(癌予防プラン)」について決めました。 それは12年度で区の癌の診察の受診率の50%の達成の住民を目的とするでしょう。
首都が去年の3月に決着をつけた「がん対策販促計画」などは、受け取られています、そして、健康管理のアンケートは区民に実行されます。 結果に基づいて地区の地図について決めました。
地区(07年)に関する人口動態統計によると、癌を伴う死亡率は30パーセントを占めます、そして、40で半分を上がります–74歳。 乳癌死亡率は、特に、強かった後に、首都の30パーセントの平均の周りでターンして、東京1の高さと呼ばれます。
昨年の区アンケートの住民では、*野菜と果物不足にならなかった*禁煙などの10の注意項目を練習して、食事に関して、*しばしばバランスであった酒が適量を覚えておいたのは、平均して3.6の項目に滞在しました。
地区は、一度だけ1年と40歳以上あたり肺癌、大腸癌、および胃癌の診察を実行して、子宮、前立腺、および乳癌を調べます。 しかしながら、受診率は28でした–オフィス実行の健康診断を含む41%と低レベル。
したがって、注意の習慣は3年後に平均して12年度によってプランで5つの項目まで増加させられたでしょう、そして、それは、受診率の50%の達成を目的としながら、掛かりました。 地区千代田保健所は、「健康な生活を費やすことができる町として癌の注意の普及に努力したいと思います。」と仮定します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


柳沢昭浩さんの「がん情報を読み解く~1」 »
« 県:放医研と協定 県立がんセンターに重粒子線装置設置へ /神奈川