県:放医研と協定 県立がんセンターに重粒子線装置設置へ /神奈川

県:放医研と協定 県立がんセンターに重粒子線装置設置へ /神奈川

県は、14日に最先端の癌として注意を向けられる重粒子線治療装置の導入の独立行政法人「放射線医学総合研究所」(千葉市)とサポートを受ける協定を治療法にしました。 県は、新しい県のがんセンター(11月の初めのスケジュール、横浜市のAsahi区、および13年)でこの装置をセットアップするのを計画して、14年度の間、治療開始を目指します。
この装置が開腹操作をせずに癌細胞を殺傷できるので、患者の身体の小さい荷重がある処理は可能にされます。 まもなく、1日間、2番目の上で肝臓癌で回復するとき良い小さい肺癌のため扱うのにおいて可能であるのは、利点です。 高い効果は、抗ガン剤と過去の放射線治療で扱うには難しい癌にかかります。
この実験室は94における臨床的な研究を始めます、そして、今までのところ4500人に関して扱うことの例があります。 合意では、この実験室に関するノウハウが有効に利用されたと思ったか、医師と研究者をお互いに送ったか、または治療方法の情報を交換しました。
この装置の導入は全国を通じて4番目です、そして、維持費は約100億円への期待です。 それは1年あたり1000人の処理を目的とします。 値を付けられているのが、約300万円と高く、問題であり、県は、国から保険の申込み書を要求して、療法の試験がかかるオリジナルの販売促進と融資システムを調べます。
横浜市と同じ都市の立教大学は、3月にこの装置の上に装置を提出しました、そして、などを保証する操作者の材料のためこの大学と共に属している病院(同じ都市の金沢区)の周りでインストールを要求した要求を県に提出しました; しかしながら、nabun Matsuzawa知事は「県が建てられるのが、施設であるので、がんセンターの統合維持でそれを作る指示に関して、それは始めからのわずかな運動danishiではありません」によってがんセンターでそれを維持する政策を強調しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


千代田区:がん予防プラン策定 12年度までに検診受診率50%達成を目指す /東京 »
« がんを生きる:働き続けたい/中 再発・転移の不安抱え