悪性腫瘍で毎年200万人が死亡!環境汚染や生活習慣が原因―中国

悪性腫瘍で毎年200万人が死亡!環境汚染や生活習慣が原因―中国

Kuangchou日報によると、200万人は、2009年4月13日に毎年、中国の癌などの悪性腫瘍で死にました。お客様のベル南の山は、12日に開催された中山の大学付属腫瘍診療所後援の「全体の国の出来物の防止の15番目の、そして、広告を出している週」のミーティングを開く式典で「07年のデータでは、悪性腫瘍は病気による中国の人々の死亡で消えます、そして、それは先端です、そして、200万人は、毎年、その人の死の原因で死にました。」と仮定します(ジョンナン美)。 それはそれを導入しました、それを言って「私たちの50%、飲食や、ライフスタイルや、大気汚染などの社会の発展と環境破壊に関連して発生した、」 この大学はMantokumoriされます。出発。 , (驚き銭) 教授はNarratorです、「大腸癌の例としてそれをみなすとき、中国の1分あたり1人のレートにうんざりするようになります、そして、5分毎の約1人が死んでいると評定しています」と言って。 原因は指摘されて、「過度の取入口のような現代のライフスタイルと高い脂肪、高いタンパク質、および低いファイバー食物の身体的活動などの不足が広がったので、消化器系の悪性腫瘍は急速に増加する」ということでした。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:働き続けたい/中 再発・転移の不安抱え »
« 富山市民病院:緩和ケア病棟完成 がん患者用、21日から受け入れ /富山