富山市民病院:緩和ケア病棟完成 がん患者用、21日から受け入れ /富山

富山市民病院:緩和ケア病棟完成 がん患者用、21日から受け入れ /富山

富山市人々病院(富山市のImaizumiの北の町)で高品質な医療が癌患者に提供された緩和ケア病棟を完成しました、そして、13日にオープンな据置形をしました。 患者の承認は21番目を始めます。
緩和剤の注意は癌を伴う痛みだけを緩和する処理で延命治療をしません。 この病院は、「地方の癌の診療のための病院を基礎づける」ように認識されました、そして、以前特別区を要求する声は出て来ました。
今回、精神科(約1000平方メートル)がある南区の3階は、2億7000万円を費やしながら、改装されます。 合計で14の個室を含む17病室あたり20のアルコーブがインストールされました。 余地のなどが生きているところにあります、そして、また、台所、音楽、およびDVDがあるトイレに感謝できる家族は、滞在できます。
そのうえ、車椅子は花壇で約400平方メートルの木甲板庭のベッドに自らを横たえている間、いなくなることができます。
パリアティブ・ケアは、将来、1つの特別な医師マスターと16人の看護師のシステムにおける処理を引き受けるでしょう。 サブ市長が戸外で話したSugihara誠食料がタイプをいっぱいに踏む、「それを高めたいと思う、サポートの診断から終わりの期間までのシステム、」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


悪性腫瘍で毎年200万人が死亡!環境汚染や生活習慣が原因―中国 »
« 発がん性探る新手法 県衛生研研究員が開発