発がん性探る新手法 県衛生研研究員が開発

発がん性探る新手法 県衛生研研究員が開発

「発癌性。」 「関心が近年食物の安全性と安全の観点の周りで上る化学物質。」 県の衛生研究所(茅ケ崎市)の主任研究員清見Omori(44)はこの存在を予測した新しい調査方法を開発しました。 実験の例は、それが行く途中ですが、精度が高い結果が開発わずかな状態で出て来てしまうだろうとまだ言っています。 また、県は、「世界を頼る技術」として後退する神奈川から認識されることを目指します。

(岩石のhorishigeru)

それは「Bhasの(両性愛者のhasu)42のセルの方法の変化試験」です。 「新たに開発されるために。」 前者はセルの遺伝子が化学物質に露出されるので、キャラクタが変える状態を持っているのに言われています、そして、変異します、そして、状態を受けるセルとDNAのアレイが乱脈に陥るという損害は別の化学物質に露出されます、そして、増殖します、そして、細胞の塊(腫瘍(腫瘍))は化学物質の「発癌性」の外観と試験と「遺伝毒性」のこの「変化」試験の試験で作られていて、後者が適当であるということです。

後者によって国際的に認識された、今回まだ開発されていた調査方法が全くなかったとき、それは言われます。

特徴は、人工的に”Bhas42″セルを使用するのによる混乱へのDNA落下のアレイが作った状態からそれを始めることでした。 文化仕事は繰り返して完了しています、そして、腫瘍が3週間後に形成されている状態で、化学物質の発癌性による形質変化は理解されます。 県は、00年度に研究をサポートします。 すぐ、05年度2008のKonの予算は合計で約690万円でした。

「遺伝毒性」を調べた調査方法は、70年代で開発されました。 しかしながら、単に「遺伝毒性」を調べるのを補うことができない化学物質は発癌性がある予測の点で判明します。 別の調査方法の開発は待たれました。

Bhas42セルの使用を殴ったOmoriさんが、繰り返して研究して、一定の結果が日本の環境変異分野社会で出て来て、00年間発表すると思われます。 その後、アウトラインを一致させる製薬や、食物や、化学メーカーや、公的研究機関などの14の組織が、研究し続けます。 また、新たに開発された食物に使用される化学物質が、調べられるときの発癌性が確認されるという仮定と収集の例があると言われています。

研究では、食品添加物によって使用される化学物質は、研究されています。 タバコや排ガスなどの多岐の研究が将来想定されると言われています。

Omoriさんによると、約100の化学物質がプレゼントによってこの調査方法で研究されるでしょう。 それは増殖の高い公算で化学物質に狭くされます、そして、動物実験の仕事が世界レベルの調査方法への作成に必要です。 試験結果の精度は重要なポイントです。

Omoriさん: どこに時間がかかって、忍耐が存在するかが、仕事ですが。 化学物質はなじみ深いです。それは、単に唯一の研究を論文に読み込むことによって、重要ではありません。実用を目的とします、そして、それはライフワークとして働いています。「それ. . 配置する、存在、」Itは話します。
- キーワード、*活性型のがん遺伝子が築き上げられたものはBhas42セルマウスの胎児で細胞株に集まりました。 それは例外民法会社と厚生労働省の基礎食物薬の安全センターで発明されました。発癌(DNAのアレイ混乱)の初期段階と同じキャラクタによる90における畑野市での管轄。 相似変換の調査方法の研究は目的でしたが、それは実用に到着していませんでした。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


富山市民病院:緩和ケア病棟完成 がん患者用、21日から受け入れ /富山 »
« Dr.中川のがんから死生をみつめる:/2 命に限りある理由