Dr.中川のがんから死生をみつめる:/2 命に限りある理由

Dr.中川のがんから死生をみつめる:/2 命に限りある理由

「また、また、桜の花を点在させるところに桜の花を点在させる桜の花が、残っています。」 最終句がyokutsuroについて言い表すと言われています。 それは同時に咲き誇っています、そして、日本人は人生を見ました、そして、死はそれによる「あなたと私は同期桜の花ではありません」が、同時に散る桜の花の外観を見ました。

しかしながら、この外観は日本の80パーセントの桜の花のような湿っている「Somei-芳野桜」の1つです。 Somei-芳野桜は、ooshimazakuraと野生種であったedohiganを江戸時代末期に交配して、作られました。 人工的に作られた雑種で種子を持つことができないので、自らのために繁殖するのは、可能ではありません。 男性が挿し木などでそれを増加させる以外に、これが地球で桜の花を生き延びる方法が全くありません。Itによる言われていて、江戸のsomeimuraで日本全体にわたるそのSomei-芳野桜が人工交雑で生産された桜の花であり、開花がそれには完全に同じ遺伝子もあるので、散る時点で同様の環境で立派に「同期」になるということであることができます。
そして、運命づけることでブランチのようなshuo男性がいます。地面から見えなくなる、地下にそれを埋めようとしないなら、最大100年間します。
Somei-芳野桜のようなかなり同じ遺伝子の生き物とセルは「クローン」と呼ばれます。 植物の世界では、挿し木とストック分割などによるクローンが珍しくはありません。 例えば、それを言うことができます。竹が地下茎によって接続されるので、全体の竹林は1つのクローンです。
しかしながら、それはその私たちの看病の場合の母親の遺伝子に混ぜられた父親(看護師)種類以外に、子孫を残すのは可能ではありません。 そして、子供の遺伝子は世界のこの工程で1つだけ時1分になります。 唯一の「有性生殖」は私たちが「自分で置き換えられない」理由です、そして、意志が将来言われるのによる「そこで私たちの人生でそれを引き起こしてください」という前述であり、ことであることができます。
挿し木などの「無性生殖」が繰り返されるとき、反対に、「死」が全くありません。 無性の再現の1つである「細胞分裂」で増加する限り、バクテリアは無限に増殖します、そして、環境は避けられます。 「キャラクター」か「自らと他のもの」も「死」もバクテリアにもありません。 そして、古代のバクテリアからのキャラクタ「不死」を引き継ぎます、そして、癌は「逆行」をするセルと呼ぶことができるかもしれません。 (Keiichi中川、東京の大きい付属病院、および緩和剤の准教授は診療ディレクターについて気にかけます)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


発がん性探る新手法 県衛生研研究員が開発 »
« がんを生きる:働き続けたい/上 患者は、お荷物なのか