がんを生きる:働き続けたい/上 患者は、お荷物なのか

がんを生きる:働き続けたい/上 患者は、お荷物なのか

- オフィスの無理解とサポート不足… また、オフィス、多くの格下げ、および収入が急激に減少させるLeaving。 「実家に帰って、家業さえによる助けに実家に帰るだけでした。」 ”

前述の単語は、= 進歩をする胃癌をsukirusuすることになっている東京Odaira都市=がその05年前に7月のtomisachi鈴木にあったのを忘れることができません。入院、そして、操作。 (40) 上司が復職直後慎重であるので。
その時、東京の化粧会社のさん/さん 鈴木、課長として勤めていた。(胃と脾臓について取り外し、hizou) . オフィスで遅いことへの操作allGoingで。取り外し、3週間毎の1度の抗ガン剤処理と胃について。 ..(めまい、そして、退屈、午後にtaiの後遺症のため続けられている、) もっとも、などが無視されていないと感じたので、それは10月に復職しました。 もうあなたは戦力ではありません。 私は上司の言葉のそのようなニュアンスを感じました。
来年の1月。 上司は業績悪化とさん/さんのため「一般」への格下げ人事を打診しました。 鈴木の物理的な状態と、同時に明らかにオフィスを出て、押されて、「課長雇用で辞職したなら、それを格下げする前に、また、傷病手当の多くの供給された金額があります。」と言うこと。

約40人の従業員の中小企業。 管理は広告不況を背景として悪化しています。 また、そこの「成立する癌患者は、会社のリスク荷物ですか?」は上司への反発でした、そして、それは、2月に格下げから引退しました。
求職活動で訪問された職業紹介所。 望みは正員雇用でしたが、担当している人は既往症と癌の時代で発信契約を推薦しました。 その後、 さん/さん 知人の紹介でデザイン会社の販売で始めた鈴木:「病気が処理で回復してもどんな経済的なセキュリティもなければ、生きるのは、可能ではありません。 癌に制限しないで、病気のため扱う機会が恵まれないのは、おもしろいです。 」それは上告されます。
*

退職せずに終わっても、働き方のレビューは促されます、そして、収入が減るように、多くのケースがあります。
= 大阪府岸和田市=は建設資材メーカーの統括国税調査官であった02年間のKoichi八田(44)に病気になります。8月の急性リンパ性白血病… 来年骨髄移植手術を受けたでしょう、そして、それは夏の病院でいなくなりました。
一度会社と話すことの結果、それは退職しました、そして、「格下げ」は’05 10月に部分従業員に終わっていました、そして、働き始めました。 「できれば、機能は正員のようにたかったこと」が強かったです。抗ガン剤の副作用は、筋肉の衰退、骨密度などの減少が好きであり、それを捨てました。
1年間雇用契約をアップデートします。 それは平日の3番目と午後に1週間オンのオフィスに行きます、そして、約4のためのパーソナルコンピュータと半分に関するデータは時間合計されます。 労働条件は正員と同じですが、ボーナスも退職金もありません。 400万円純益であった年収は約75万円まで暴落しました。
それは、家の2人の母親(71)と生活です。 1カ月あたり医療費の自己負担は約3万円です。 「貯蓄と退職金などが補われますが、それがあって年収で生活するのは、少しずつ深く切りながら、可能ではありません。」 「さん」 八田は1カ月あたり5万円の障害年金の供給に申し込んでいます。
*

「最も重要な1つは手放されました。」 「(42) = 豊島区、東京=は、3年前にnaomisan桜井のようにデザイン会社から引退しながら、見返します。」
「仕事は、するために緑色の必需品に関連しました。」 「以前一度学校に入った大学の薬学部を卒業に出ました、そして、翌日の春に別の大学の園芸学部に入り始めました。」 それは望みに従って90年の春にデザインを通した町の公園施設などの緑色を設計した会社で仕事にありつきました。
それが夜明けの繁忙期に働いていたそしてうたた寝何日もの取りを受けそうで、寝袋でいくつか逗留してください。 それはチーフに促進されます。 きつい仕事でしたが、それは充実感で包装されました。 そして、それは定期健診による右の胸の乳癌の塊の調査結果でした。
それの後のいとまごいは7月、’04フィートで作動します。 そして、私が処理のため二度体を休めざるを得なかった、点検、1カ月目、次の4月に復職しましたが。 仕事がそれ以外に理解する不可欠のパーソナルコンピュータのマウスがホルモン療法と操作による燃焼と打撃の更年期障害などでいらいらしているので、それは不可能になります。 「従来と同様もう働くのは、可能ではありません。」 「自発的に引退を提供しました。」
会社従業員の夫(48)がいる2人の生活。 治療費はそんなにI有給で決められました。 部分に従って、それは3カ月働いていました。 一時間、950円を行ってください。 単独に鹿、多くであったときに、それがどれについて1カ月が支払われた約7万円かかったかで治療費などであれば近いままで残っていませんでした。
会社の日本の植物社会の正職員の求人は職業紹介所で見つけられました、そして、それは適用されました、「園芸に関する知識を使用につけることができます」と言って。 採用フレーム1、および6の人々のために適用された約100人は、最終的なインタビューに残っていました。 女性: 1人だけで。 ためらいましたが、「癌を伴うどんな採用にもなりませんか?」という「乳癌」は下降しました。
採用は決められました、そして、上司は出勤する初日初めて、言われました。 「病気、あなたは偶然癌にかかりましたが、外観はお互いですか? 仕事は私のペースで扱われます。 」。それは「キャリアだけが、評価されて、採用されました」です。 「もっとも、雇用契約の取消しは決定していました。」 肩のパワーは一吹きを離れました。
さん/さん 桜井「癌患者が少し転ぶだけであるのは、無駄です。体力は、平らにして、キャリアを重ねて、高機能を持っている人々を使用しません。 社会がどのように、内部を含む病気を保持する人々と始めの仕事人口が減少する癌患者を受け入れるかを真剣に考えるとき、それは来ます。 」それはそれを指摘します。
実際に、現在の年収が約2/3のデザイン会社に下がりましたが、それが再び社会に接続されたと感じることができます。 手放されているのは、かみこなされた井戸です。重さ、「重要である、もの、」、一度。
*

2人の日本人という1人が3人で癌、および1人になる時代は癌で消え失せます。 無理解とサポート不足からの転職へのオフィスのなどと辞職で運転されたケースは、働き盛りの世代のためにそれぞれの人間癌で豊富です。 それは癌の共存を探って、3回処理を受けている間に働いている人々を紹介します。 【Yuko清水】

- 「私は欲しいです。」仕事「」 31%の75辞職を続けるために。東京の大きい医療政策人材養成コースが去年の3月にした調査に応じて、4人の癌患者の3人は鞍替えしました、そして、3人という1人は実際にこれらの中のその人の仕事を変え続けていました、望まれている間、「本書を続けたいと思います」と言って。 それは、だれに処理と処理経験があったかを403人の癌患者(40人の男性と363人の女性)に尋ねました。
もっとも、31%がこれらの中でそれを診断した後に、仕事が変化した、「これまで、働くのが続けられる、」 75.9%は癌への診断の、そうですか? 14人の解雇人々の人々の23*自主退職のビジネスを故障などにあきらめる*の8人

「低下だった」は38.7でした。収入。 %. 「仕事連続における不安」は調査時点で働いていた280人の61.1%です。 不安なしで「同僚と上司の理解が必要です」と続けるために答えた人は、68.6%に上がりました。
調査に参加した特定非営利活動促進法人の癌のネットの日本のAkira Yanagisawaの事務総長Hiroshi「(不況では、それに続くのは調査されます。)癌患者について就業する上の現状が厳しさを増す可能性はさらに高いです。 遅れています、そして、オフィスのサポートにおける差し迫った必要性を癌患者を楽に扱い続ける環境づくりは、保育、ハンディキャップがある人、およびメンタル・ヘルスなどと比較されました。」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


Dr.中川のがんから死生をみつめる:/2 命に限りある理由 »
« AJS、放射線治療情報システムを発売