AJS、放射線治療情報システムを発売

AJS、放射線治療情報システムを発売

AJS Ltd.はチームコミュニケーション機能が市販していた状態で「RTiS視点/博士(ラジオ療法情報システム)」が4月に放射情報システム「View博士」シリーズで備えていた放射線治療情報システムを置きます。
「View/RTiS博士」は、処理準備、試験、処理、およびフォローアップへの処遇方針の決定からすべての過程を包括的に支持する放射線治療情報システムです。 患者情報の一般的な機能「TeamMessenger視点/博士」は医師/技術者/看護師で自動的にシステム記録/のコミュニケーションに通知します、そして、医療サイトに関するコミュニケーションを滑らかにすることができます。 そのうえ、非常時になるというレポート/命令、世代通知のサポート、作業指示、および非常時のワークフローは、ボタンの操作のため必要な部と仕事伝染経路を優先的に登録することによって、可能になります。
治療方針が調べられるとき、システムに登録されたケースは検索できます、そして、決定EBM(証拠によるベースのMedicine: 科学的根拠に基づく診断と治療法を選択する)に基づいている治療方針は支持されます。 さらに、日本放射線腫瘍学会(JASTRO)のケース情報、ケースデータなどに加えてシステムにおける「シンドローム機能の例の管理」によって登録された地方の癌登録を扱うのにそれを使用するのは、可能です。
考えを擾乱しないデータの入力でシステムを使用できます、そして、それぞれのログインユーザで適切にカスタム設計された患者の処理通路スクリーン以外に正確に表示の品目を確認できて、圧力なしで開発/を表示できますか? 価格は2500万円から来ています、そして、スケールと要求に従って、それは異なっています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:働き続けたい/上 患者は、お荷物なのか »
« 子宮頸がん予防訴え 宮崎市で細胞検査士会が啓発活動