子宮頸がん予防訴え 宮崎市で細胞検査士会が啓発活動

子宮頸がん予防訴え 宮崎市で細胞検査士会が啓発活動

日本のセルの社会細胞検査人の協会県の診断研究販売促進ブランチ(春にmasayohyouをkuchihikaする)の器官は、急速に20まで増加した子宮頸(Kei)癌に予防考慮を改良するために宮崎市でイオンレースにおける通りの啓発活動に宮崎をしました–12日に中で30代に女性を配置してください。

子宮子宮癌は外の子宮入り口の近くでしばしばウイルス感染が原因であるという子宮癌であり、想定されることの種類で発生します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


AJS、放射線治療情報システムを発売 »
« リンパ浮腫子宮癌手術後 右足に腫れ