タウンTOWN:粒子線がん治療施設整備へ推進室--鳥栖 /佐賀

タウンTOWN:粒子線がん治療施設整備へ推進室--鳥栖 /佐賀

それは同じ都市が10日に13年の春にTosu市で始まりの計画をした粒子線癌の治療施設維持のため新設した「粒子線治療普及の販売促進部屋」の看板から都市の統合企画部入り口に掛かりました。
用地確保のための地元の住民、地権者、および会議の調整は事業主体の県と提携して保持されます。 この分割の課長は同時に総支配人として勤めます、そして、それは合計で1人のフルタイムのスタッフを含む3人で構成されます。
施設は九州のShinkansenの新しいTosu駅の近くの敷地面積の約1万4600平方メートルです。 総事業費に関して、約150億円は予想されます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


リンパ浮腫子宮癌手術後 右足に腫れ »
« がん対策や雇用 大きく前進