がん対策や雇用 大きく前進

がん対策や雇用 大きく前進

公明党三重県の本部女性局(局Michiko池田=伊勢市会議員のディレクター)の後援の「向日葵集会」は11日に鈴鹿市で開催されました。 ..得るのは公明党の女性の委員会に関して松を疲れさせました。議長(アセンブリ参議院議員)は出席しました、そして、それはこれに挨拶しました。
ミーティングと松は政府・与党が10日に決めた新しい経済対策、医療などの分野の公明党パワーをおよび示すのに接触を紹介します、子供を看病して、育てて。 できるのが特に一定の年令の女性、無料で医師に相談するために子宮子宮癌のバウチャーと乳癌診察を広げます。含まれている. . 強調されていて、「女性への特権がん対策は大いに進みます」。

そのうえ、年額の3万6000円が提供された3年間の保育園の中で最初の子供から「子育て補助特別な小遣い」を仕上げました、そして、上告されました、「女性は、健康で子供を育てるのに、その領域が活性化したのに安心することができて、景気対策に接続した」なら。
他方では、公明党兵庫県の本部局(局の壬生のuruo指導官は神戸の市会議員と等しい)の若い人は、11日に神戸市で総ブランチ男女ディレクタートレーニング協会の若い人をつかみます。 Masaaki Taniai党首の若い人(アセンブリ参議院議員)とユタカ野口県の本部の幹事長(兵庫県は兵士である)は参加しました。
この議長: 質問協会における10日に政府・与党で決められた15兆円の新しい経済対策に、それはミーティングとTaniai議長を同封します。 トレーニング期間のなどのための人生セキュリティのような職業訓練の拡大を支持した職と若い人を上げる多くの政策を含んでいて、それは触れました。 , そして、それは強調されました、 「公明党委員会上告および持つことの若い人が政治の品質を変えたというしぶといことの結果」

局の壬生の指導官は、この前にそれに挨拶しました、「若い人の局はパーティー影響拡大で有効に先鋒と、そして、仕事に欲しかったです」と言って。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


タウンTOWN:粒子線がん治療施設整備へ推進室--鳥栖 /佐賀 »
« 二宮和也 がん患者の心の声“代筆精神科医”