がん予防:「積極的に受診を」 「子宮の日」キャンペーン /大阪

がん予防:「積極的に受診を」 「子宮の日」キャンペーン /大阪

それは呼ばれました、そして、子宮頸(Kei)癌の診察の相談を啓発するキャンペーンは「日の子宮」の9日の大阪市の4つの場所でした、そして、医療関係者は「積極的な相談」でした。 離れている、全国的に、そのNPO法人「子宮子宮癌について考える市民の協会」(東京)は後援されていた状態で運動します。
このミーティングはだじゃれで「子宮の日」を提供しました。 ..参加している医療関係者メーターおよそ20の人々は4つの場所でパンフレットとハーブの種子を広げます。 細胞検査人、そして、協会の分野の清水の恵子(48)。大阪府がだれを終わらせるか、行為入り江の病院(大阪市Joto区): JR京橋駅の正面で。 「診察が受け取られているなら、子宮子宮癌を防止できます。 子宮は評価されます。 」それは話しました。
このミーティングに従って、子宮頚の癌患者の数はそれを20 30代に増加させました。 各自治体が実行する診察では、20歳に従って医師に相談するのが、可能であり、自己負担額はおよそ1000円未満です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


二宮和也 がん患者の心の声“代筆精神科医” »
« がん闘病中のF・フォーセットが退院=米ピープル誌