子宮頸がん検診普及を 18都道府県でPR

子宮頸がん検診普及を 18都道府県でPR

LOVE49、(している、きゅう) それは子宮頸(Kei)癌の抑圧を目的としました、そして、「子宮の日」では診察の普及を要求する通りのキャンペーン、ワクチンの初期段階の承認、および公費がロードされる9日の18の全国的な管理部門の30の場所には、ありました。
診察とワクチンで子宮子宮癌をほとんど防止できます。 しかしながら、診察相談の前の有効なワクチンが評定する日本unapprovesは様々な外国より低いです、そして、それはさらに感染しています。 20 30代の死亡者数はこの20年に倍増します。
市民に、だれかが子宮子宮癌について考えました。依子HoraguchiとNPO(NPO法人)のメンバー、「協会、」 女優では、東京の出口の新宿駅の西などで「20歳を通過したとき、女性は、1年に一度診察を受けます」と呼んでいる間、だれが子宮子宮癌を克服したかがチラシとハーブの種子を広げました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


清水国明、がん摘出手術成功 4月末にも退院へ »
« 医療講演会:がんになったら--福島で11日 /大阪