がん教育の推進必要

がん教育の推進必要

子宮癌は日本の癌の診察受診率に公明党で古いことのNorikoの買い物をする8日の下院若者問題に関する特別委員会で21.3%です、そして、乳癌は20.3%の受診率です、そして、それは指摘されました、そして、「それは非常に低いこと」が約80%を受診率の欧米と比較しました。 学校における癌の教育の販売促進は位置します。原因. . 「それは癌に分かられなかったのがそんなに十分正しいと考えられる」として、要求されました。

街路樹の内閣府大臣政務官Masayoshiは、「さらに、機能アップする測定は試みられます。」と「非常に重要な問題」を記述しました。

他方では、「できるだけ早さに(国会に)子供の看病の閉じている法改正考えの世話をしながら提出して、それを承認したがっていました。」と、古い店は、さらに育児休業の獲得率を改良して、仕事と家の共存を促進するために観点から主張しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


医療講演会:がんになったら--福島で11日 /大阪 »
« スタッフ間の情報共有機能を備えた放射線治療情報システムが登場