スタッフ間の情報共有機能を備えた放射線治療情報システムが登場

スタッフ間の情報共有機能を備えた放射線治療情報システムが登場

2009年4月8日の[-おーい、rudei; ngusu]という子会社が放射線治療情報システムを発表したITの事業会社AJS。 それには、処理スタッフと過去のケースの中で情報を共有して、治療方針の決定を支持するために機能を検索する機能があります。 4月1日以来販売は始まっています。 序論価格: 2500万円から。 癌の診療のためのベース病院は3年間で50の病院に主に紹介されます、そして、それは15億円の売り上げを目的とします。 癌の診療のために既にベース病院の仕様を受け取った岩手の県の中央の部分病院への紹介は決められます。
新製品の名前は「RTiS視点/博士(ラジオ療法情報システム)」です。 新機能として処理スタッフで情報を共有する機能は準備されました。 あらかじめ指示を出す、レポート、ポスト、および伝染経路を登録するなら、1個のボタンで世代通知と非常時の作業指示ができます。
また、治療方針が調べられるとき材料としてシステムに登録したケースを検索するのも可能です。 地方の癌登録や日本放射線腫瘍学会などのケースデータを示すことができます。 科学的根拠に基づく治療方針の選択は、材料としてこれらのケースに伴う治療方針を調べることによって、助けられます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん教育の推進必要 »
« 重粒子線治療装置をがんセンターに整備へ