重粒子線治療装置をがんセンターに整備へ

重粒子線治療装置をがんセンターに整備へ

神奈川県は最先端の癌の治具「重粒子線治療装置」が8日に再び横浜市のAsahi区で県のがんセンターに維持された後に、年度2014の終わりまでにそれをセットアップすることによって治療開始を目的とする基本構想を発表しました。
重粒子線治療装置はこれまで容易に治療されていないボディーで癌に示されます。県に従った全国を通じて4番目の序論を目的とする、それが有効であり、県が有効であるセル。 1000年の人のスケールの処理は年間予想されます。
県から、横浜市が同じ都市の立教大学医学部にそれを設定するのが要求されました。重粒子線治療装置の上のキャンパス(同じ都市の金沢区)の中の福浦。
Matsuzawa知事が同じくらいさえ中心に置く意志を示したnabunは19年間セットアップされますが、それは8日にインタビューで更新されます。 「私はがんセンターでインストールを変えるつもりではありません。 都市から理解を得ます。 」それはそれを作りました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


スタッフ間の情報共有機能を備えた放射線治療情報システムが登場 »
« がんと闘う励みに