がんと闘う励みに

がんと闘う励みに

– 患者の24時間の10月福岡さん/さんのリレーイベントものを保持します。 Miyabeは計画されています。

患者と癌の通知を受け取ることによってそれを支持する人が、チームを結合させて、最初の「リレーフォの寿命」のときに事情に関して話している間に奨励された県の中で静かにリレーフォームによる24時間の根拠、および出来事のための準備に入る、お互いである、お互いである、進められます。 それは1毎回のときにそれを支持する人からの資金調達を上げる博愛、「暗闇の反対側から多くの奨励を聞く感覚を味わって欲しいです」ですが、福岡市の東地区1丁目=の病気のsuru Miyabe(40)=畳に対する3のnaomegu戦いは実行議長として自発的に話されています。 (Shinya Haraguchi)

それが広場である、メディアを通して、10月の3番目と4番目で同じ都市の東地区(約400メーターの倍)の海の公園、光、および風を浜に引き上げてください。 実行委員会は合計で32人です、そして、20人以上は家族です。患者のそれ、同僚、および友人。 10人以下ですが、また、患者がいます。

リレーフォの寿命に米による資金集めの部分に従った85年とワシントンの医師に出発して、これまで米国全体にわたる5,000以上の場所でしました。 06年の茨城県の筑波都市は日本の始めです。 それは合計で東京や以下の横浜などの9つの場所でした。 九州で成立するのは、昨年の大分で2次の位です。

さん/さん 神奈川県に静岡県から来ることによって住んでいるMiyabeが、02年間子宮頸(Kei)癌で分かっています。 夫の祖父母によって言われました、そして、夫は、また、保護し終えることができませんでした、そして、「子供が生むことができなかった花嫁は、不要であり」、それは離婚しました。

癌がその時働いていた車の販売会社で自供されるまで、それは1年かかりました。 それは甲状腺、大腸、および4年間の絶望と望みをもって転移しました。隙間、(よろめくと共にhazaと私のそうする後部に見えることによって生きるようになるように思えるのに通らせて、行き来した、)

それは現在の夫に会いました、そして、hiroshiyorokoは8月、’06フィートで(41)をsanします。 「癌。 子供を生むことができないボディー」それを言うとき、「Therefore、それになるように私が理解していないEvenにいつをしなさいか。」Itは言われました。

それは、来月の国内では、それが筑波都市になるフォ人生で最初のリレーに参加します。 体を休めましたが、通ったとき、それは再び歩きました、そして、疲れるようになるとき、エネルギーは回復しました。 それがバナーと共に行進したグループがあった、「Ijan、」「癌(癌)、」であるかもしれない, また。 積極的になるのは、可能でした。 また、通知、およびドレッシングから終わる4年も無意味であったので、化粧が過去にそれになったと思います。

1月に結婚に関して報告するのは福岡市博多区で両親の家族をhiroshiyorokoにsannoしに’07フィート行きました。 長男のdearu hiroshiyoroko sanno子供に生まれて、できなかったので、それは訓戒されました、そして、心配なさん/さんであったので、sannoが親代わりとなるhiroshiyorokoは訓戒しました。 Miyabe、「私の身体を心配してください、心配する、」「そのように。」

それは、初めてのhiroshiyoroko sanhaの去年の9月の横浜であったフォ人生でリレーに参加しました。 「医師ができなかった心は、治療される」ということでしたが、患者が微笑であり、それによって見られたので、相次いで起こった妻の挑戦は、分かるのが可能でないと実際に感じました。 夫妻はさん/さんで福岡市に取り外します。 同じ月の間のMiyabeの提案。 人生は、それが住んでいた定まっている陸でした。

さん/さんであるときに、それは、hiroshiyoroko sanha副委員長を志願しました。 ぶり返しの危険がそれを影でおおったMiyabeは提案して、福岡での把持が計画された後に、「実行議長になりました」。

「環境に心配をかけないなら、’それは苦痛です’と言わないで、/’私はそうです… まあ’と自分自身を非難する患者は、わずかではありません。 環境は台無しで助けることができないのが捕らえられます。 経済的なサポートになるなら、ともにそのような苦しみを少しでも、幸い軽くならせたいです。」さん/さんと共に Miyabe。 それは、準備ですべての関係者と話すために追いかけられます。 携帯電話(080・3998・6500)かそれがさん/さんへの問い合せにそれをメールするでしょう。 Miyabe rfl_fukuoka@yahoo.co.jp 。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


重粒子線治療装置をがんセンターに整備へ »
« 訃報:涌井昭さん 81歳=東北大名誉教授、臨床腫瘍学 /宮城