滋賀医科大でがん医療の研究講座 県が2800万円寄付

滋賀医科大でがん医療の研究講座 県が2800万円寄付

滋賀医科大学は、本年度に県から貢献を使用することによって、癌の医療の研究科をインストールします。 Tadao馬場社長は県庁を訪問しました、そして、貢献に関する協定覚書は6日に**[ほら穴に住んでください; yukiko]という知事を契約されました。
滋賀idaiは癌の診療高度の県によって核ベース病院に指定されています。 県は1年あたり2800万円を滋賀idaiに寄付します。 大学は貢献を使用します、そして、かかわった医師、看護師、トレーニング協会などは薬剤師のために癌の診療に処刑されます。
教育による医療協力の販売促進の臨床試験、緩和剤の注意、および県に関する全域と高度な進行癌医療を訓練するのは高度です。 期間は3年です。 大学は3教師状況で行動します。
県による貢献コースの設立は周産期医療に関する方針に従うのが2007年にidaiにインストールされた秒にそうです。
**穴、知事: 調印式で。 「県の人口の社会的増加のかなりの部分が50歳以上です。 今後、癌の治療福祉および看病の重要性はますます重要になるでしょう。 」現状は上告された解決でした。 馬場社長「idaiでは、高度先進医療と人材育成は任務です。 社会に少しでも貢献したいと思います。 」それは説明しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんの患者を学会に招待へ »
« がんに「第2のブレーキ」解明 京大 細胞内タンパクの一種