がんに「第2のブレーキ」解明 京大 細胞内タンパクの一種

がんに「第2のブレーキ」解明 京大 細胞内タンパクの一種

細胞増殖を抑圧した「ブレーキ」が、甲状腺のセルで働かないで、癌の発生の危険が上昇したとき別の「ブレーキ」が扱った京都の大きい医学研究部(分子生物学)の高橋研究者が、確かめたsatorusatoshiのグループと癌の進歩はマウスの実験で抑圧されました。 それは言われています。新たな癌の治療の始まりになる結果。 それは7日にU.S.科学雑誌「癌細胞」で発表します。
細胞の増殖はRbの遺伝子が作るタンパク質などで調整されます、そして、Rbの遺伝子が折るとき、それは、様々な癌の病気の外観に通じます。
研究者の高橋は甲状腺(腫瘍)の腫瘍を悪性にしながらRbタンパク質に加えたセルの中で情報伝送に堪えたタンパク質の1「N?ラス癌遺伝子」を欠いていたマウスのものに注意を向けました。 それはNです–それが抑圧するブレーキポストのRbタンパク質であるときに、癌細胞の増殖は無くなっています。 ラス癌遺伝子は働きを動かします、そして、それが細胞分裂を抑圧する別の遺伝子のスイッチをつけるブレーキポストとして働くのが理解されます。N? 細胞の種類は、癌の進歩の「ブレーキポスト」になるので、「アクセルポスト」が働いて、また、それがRasに関して変異すると考えます。 研究者の高橋「N? Rasがブレーキとして扱うメカニズムは、理解されます。 アクセル。掲示します。どのようにですか?働いてください。研究してください。」それはそれを作ります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


滋賀医科大でがん医療の研究講座 県が2800万円寄付 »
« Dr.中川のがんから死生をみつめる:/1 人間も自然の一部