Dr.中川のがんから死生をみつめる:/1 人間も自然の一部

Dr.中川のがんから死生をみつめる:/1 人間も自然の一部

癌、および死を生き続けながら思う新しいシリーズは、今週、始められます。 現代の日本人は、テーマが、完全国家の病気と呼ぶことができる「癌」を通して忘れられたように思える「死」であると考えたがっています。 前述であり、癌が平和な国と日本に死の影を持っている代表選手であるので、癌が「死を思うブレークスルー」であるということであるかもしれません。
思わない死の日本人は、癌を学ぼうとしません。 2人という1人は癌になります、そして、3人という人が癌で死ぬ日本は世界一良い「癌の大きい国」ですが、日本の癌に関する知識は失礼です。 いつでも、シリーズで癌の治療とがん対策に関する話題を紹介したいと思います。
満開の桜の花は、現在、東京に散り始めます。 日本人は桜の花で昔から「死生」を感じました。 「Kisaraginomochiです」。死。 西線For例で「私が祈る花のオリジナルの春の月の間、namusoです」、桜の花は、愛されていてイッサ・小林の「イタ持っているのとsakura**」の歌で知覚されるように死と考える外観日本人であるかもしれません。「死亡準備、」、そして、句であることができる。 それは、私がそこの自然の一部であるという感覚です。 .感じます。桜の花、晩に。酔っぱらってください。元々。成功してください。急速。市街化。人生。気にしてください。自然。存在。損をしてください。

男性が自然の一部であることを示す最大の証拠は、限界が私たちの人生でもまさしく桜の花に似ているということです。 元々、死は自然です。 しかしながら、近代都市文化でそれを見るのは難しくなります。
ほとんどの日本人が最近まで家でうっかり死んでいました。 しかしながら、約90パーセントは現在病院で死にます、そして、人生には「死」が全くありません。 まるで死を病院に隔離して、それ(隠すこと)を隠すように思えるかのように。 その結果、元々自然な「死」は日本人に受け入れられません。
それでも、私は、今桜の花が中で散る縁の中で何よりも好きである日本人でまだ死と思う「遺伝子」を備えていると思います。 それは散ります、そして、それが行く桜の花の花弁を見ている間に死生について考えるシリーズの歩は高度です。 (Keiichi中川、東京の大きい付属病院、および緩和剤の准教授は診療ディレクターについて気にかけます)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんに「第2のブレーキ」解明 京大 細胞内タンパクの一種 »
« がんガイドブック:中学3年生向けに、Dr.中川が作成