がんガイドブック:中学3年生向けに、Dr.中川が作成

がんガイドブック:中学3年生向けに、Dr.中川が作成

中学学校の3年では、東京の大きい付属病院の放射部のKeiichi中川准教授が「最大の国家の病気癌を学ぼう」ので(東京の規則公表)、ガイドブックは作られました。 中川准教授「日本は、2人という人が癌にかかる癌の大きい国です。 しかしながら、その人がきちんと教育的でないので、癌患者はまだ特別な人です。 私は、癌の教育にガイドブックを使用して欲しいと思います。 」それは話します。
癌。きちんと。知ってください。癌。治療方法。知ってください。癌。破ります。パリアティブ・ケア。飲んでください。癌細胞が見える重要性や、治療法や、ライフスタイルのパリアティブ・ケアやメカニズムと癌を予防する診察などの様々な観点からcomposition.Cancerを深く理解できます。
「それが5年後に子宮頸(Kei)癌の診察として成長する中学学校の3年の身近な問題は20歳から始めます」。そして、それ。理由は中学学校の3年の主な対象を作りました。 ..中川准教授説明します。 東京で中学の癌の出張のクラスをする経験から「子供は大人が思うほど弱くはありません。 時間限界arukarakoso寿命toutoにはそれがきちんとあることを教えるのが、必要です。 」それは話します。
イラストとグラフは多用されました、そして、難しい医学用語は説明を当てはまりました。 すべてのルビーが小学生のように分かりやすい漢字、および内容に震動させられます。 すべてが32A4ページをサイズに着色します。 それぞれ230円。 問い合せと注文を発表するでしょう(03・5977・0300)、 これ

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


Dr.中川のがんから死生をみつめる:/1 人間も自然の一部 »
« 乳がん 乳房温存率65%