乳がん 乳房温存率65%

乳がん 乳房温存率65%

摘出と同時処理操作も再建すること。
日本人の女性の癌には多くの乳癌があります。 1年間で乳癌が約20年間あまりに多くが比較した4万人毎を倍近く増加させているのに従って患者の数が新たに診断した、前
それ以来のなるのが40代であるなら、初期段階に扱うなら90パーセントが回復できて、自己診察と胸部X線写真(写真を撮る胸のX線)診察を受けるのが重要であると思われます。 すべての胸が操作、および円周部分で切除されて、胸を残す保管操作があるという全体のtsu操作だけ、癌からの処理きり傷の基礎。
読売新聞は、認識施設あたりの2007年の1年間の治療成績と338の施設に関して日本の乳癌(癌)学術団体の大学病院の合計で質問して、270の施設(80%の回収率)から答えを得ました。 operationssか以上の65(それを設立しなかった対応する県は、県の中の大部分の施設である)番号がある施設はテーブルで発行されました。
調査に続く約60パーセントへの確立した傾向は「レートを保ちます」のような前年のすべての操作のキープ作業の割合を示した平均での65%であると見積もられていました。 しかしながら、12?96%まで大差がありました。それぞれであるときに、施設は見られました。
凍結療法の熱と皆殺しにした電磁波のため癌を燃やした施設の処理一部などでは、また、低温での内視鏡手術と癌をしました、そして、それはキープ作業の比率にそれを含んでいました。 それはキープレートが患者の重症度の比率によって影響を及ぼされますが、施設の治療方針を見る際に参考になります。
操作の前に抗ガン剤を使用した「術前化学療法」の実行番号はこの調査で初めて、聞かれました。 そこでは、あらかじめ、抗ガン剤で癌を減少させる、それの後の御馳走へのなどが調べて、それが力の状態が可能になる有効で操作する使用の利点は、保管操作と、抗ガン剤ですか?
胸はそうです。同時に全体のtsuの場合に再建手術で作動した後に、しばらくいなくなった後に、再び再建作業を実行する方法以外に切除手術で乳房再建をする「同時に、再建してください」にも。 施設に従った実行番号は示されました。
原則と腋の下のリンパ節は乳癌で操作で切除されます、そして、膨張がアームで引き起こされるのは、リンパ浮腫の原因になります。 そして、癌細胞であってさらにこの調査に作動が広まって、それが90パーセントの施設で実行された間、または、到達したリンパ節の不要な摘出を最初に、減少させるために流れたリンパ節に転移を調べた「センチネルリンパ節生検。」
順天堂大学病院の乳腺kasumifujiosuのセンターヘッド「全体の患者の65%以上は、このセンターでセンチネルリンパ節生検を導入することによって、リンパ節を切除しません。 しかしながら、目に見えなくても転移の可能性があったのを忘れるのは、必要でなく、作動した後に、薬物療法の重要性はますます上昇しました。 」それは話します。
それは2008年に保険で作動した後に、特定のタイプが転移防止目的のためにも癌とぶり返し癌を進行するのに使用される抗ガン剤「ha-sepuchin」(一般名torasutsuzumabu)は使用できる状態で生まれました。 (友喜子Takanashi)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんガイドブック:中学3年生向けに、Dr.中川が作成 »
« 子宮頸がん・肝炎 検診の大切さ 街頭で訴え