山大付属病院、がん診療の充実へ

山大付属病院、がん診療の充実へ

「院内がん登録」は、癌の診療の品質改良にそれを使用するためにどの医療機関かに患者の数と治療成績などのデータを蓄積します。 08年間の癌の診療のためのベース病院の付属病院が2007年1月に始まって、終わりまでに2,386を登録した山口大学医学部。「内臓に従った癌登録」に関して管理部門などの自治体が集める「地方の癌登録」の「院内がん登録」による3種類の癌登録と各医療機関と学術団体などがあります。 山形大学は病院の議会です。県の26の施設で一緒に実行された議会登録をもたらします、そして、登録して、内臓に応じて登録以外に県の委託品を受けて、地域登録に入りました。 seiakiraのセンター丘と(腫瘍)が上に立つこの病院の腫瘍「データを明らかにすると、ホームページはまもなく、始まります。 将来、癌の治療の現状と処理結果を公衆に公開したいと思います。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんで死去の英女性タレント葬儀、大勢が最後の別れ »
« 県立がんセンター新潟病院耳鼻咽喉科部長・佐藤雄一郎さん /新潟