県立がんセンター新潟病院耳鼻咽喉科部長・佐藤雄一郎さん /新潟

県立がんセンター新潟病院耳鼻咽喉科部長・佐藤雄一郎さん /新潟

約1万8000人全国を通じて喉頭(したがって、光)癌のため彼の声帯を失った人と咽喉頭(ふしだら)「声」Yuichiro「救世主」があると言われています。蘇ります。 佐藤(46)癌。 それは1988年にそのようなハンディキャップがある人に希望を与えるためにスウェーデンで開発された「プロの箱」による発声法です。
「こんにちは。」 拍手は昨年、がんセンターにおける3つの区の看護師中心から6月の中旬の西に上がりました。 喉頭癌から声を失った患者は、待ちに待った単語を取り戻しました。 日間の3のための「プロの箱」の保護操作の後に、それはありました。 両方のこぶしは、捕らえられて、締まりの占領されて引っかかっている患者の喜びを理解して、このとき、佐藤ディレクターのようにその“Did”を言っていました。
発声法には、食道発声と電気人工喉頭があります。 しかしながら、食道発声の獲得は難しいです、そして、声と大差が電気にあるのは、難しい点です。
まず、プロの箱がある発声法は食道と肺の間で長さにおける5milliに関する気管の10milliと直径下に関してシリコン「声の語頭音添加」で作られたチューブを埋めます。 息のためにのどに開かれた穴の「永久的な気管穴の(So)」が、それで閉じられて、息が吐かれるとき、空気は、チューブを通して食道に入ります、そして、空気は粘膜を振動させます、そして、それは話します。
ディレクターの佐藤が説明する、「’こんにちは’、それ、ある程度話すことができるように作動した後に、約1週間後に特訓をしなくても約3週間後のできる発声と、最大の利点であるのに至ってください、」 しかしながら、うまく行かない約5%の可能性があります、そして、成否があらかじめ予測できないと言われています。
ディレクターの佐藤は、3年前に上越市の県の中央の病院で初めて、プロの箱を作動させました。 3人毎が中で合計する6人の操作はこれを含む中央の病院とがんセンターでそれぞれ扱われました。
「それは一時絶望的になりました。 さん/さん そして、’佐藤が’救世主’に似ている、’それにならない’sukukoeメイン’など。 」。したがって、声を取り戻して、オフィスを返す確信している患者は、喜びに関して話します。
ディレクターの佐藤「喉頭が自らによって多くの患者に移されても再び声を取り戻すことができる喜びを提供したいと思います。 将来、それのために医療に働きたいと思います。 」。また、それもどこかでさえ熱心です。 【神田の注文2】

==============

- 人の小史

- 佐藤とyuuichirou
1963年の山形県の鶴岡市の出生。 昭和大学の卒業生。 それは碁の後に新潟都市の病院で新潟大学鼻と耳ののど(のど)の理科系のオフィスに働いています。 研究するのを外遊する合衆国と癌(癌)の社会付属病院で訓練した後に、それは新潟大学の医学部のアシスタントを通した県の主要な病院の耳鼻咽喉科医の頭です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


山大付属病院、がん診療の充実へ »
« 乳がんを遺伝子外来で早期発見