がん対策充実 リレーで訴え

がん対策充実 リレーで訴え

それは24時間の10月の福岡の出来事です。癌患者が24時間のコードを結んで、がん対策の増進に懇願するイベント「リレーフォの寿命」(RFL)で開けられる、メディアを通して、今年の秋に福岡市の東地区の海の公園を浜に引き上げてください。 子宮頸(Kei)癌と大腸癌のスポンサーと病気に対する戦いがあるMiyabe(40)(福岡市の東地区)が経験するnaomegu「私に生きるために勇気を与える出来事。 私は、多くの人々に参加して欲しいと思います。 」それは呼びます。
RFLは1985年に合衆国で始まって、現在、20以上の国によって開かれます。 医師、患者、および家族は5人以上です、そして、チームは作られています、そして、それは願望願望のペースを通り過ぎます。 それは2006年に国の茨城県の筑波都市で初めて、開かれました。 それは10月に18における把持スケジュールが3番目と4番目の包含福岡を置くこの年に言われます。
さん/さん Miyabeは02における子宮子宮癌を受けました、そして、展開しました、そして、県の神奈川の病院に子宮の摘出手術を受け取りました。 環境は心でなかった単語のため破損しました、そして、それは不安によってぶり返しと抗ガン剤の副作用に苦しめられました。 人の困難を習得しますが、それは04で離婚しました、そして、社会復帰は達成されました。 大腸癌は来年見つけられたでしょう、そして、それは「1年」の間、判決を下されました。「人の人生の残り」 それは憂うつになりました、そして、望みは生きたところでもう少しで視力を失うところでした。
インターネットを通してRFLを知るのは、最近です。 偏見は恐れられません、そして、胸を張って歩く患者の外観に印象を受けます、そして、それは国内で最初に、RFLに関与します。 経験は患者と同点になりました、そして、話しました、そして、コードはそれを奨励している間、つながりました。お互い。 「あなたは何も隠すことができません。 それが真実で自分で良いのに気付かれました。 」

去年の9月に夫のhiroshiyoroko san(41)コネ06と、そして、hiroshiyoroko sanno故郷福岡に再婚してください。 病気経験とRFLに対する戦いに関して患者と話すミーティングが行われます、そして、実行委員会と関係者は現在、1カ月に一度編成されています。 そして、それが話されている、「患者だけではなく、強健な人についても参加が欲しい、あなた、癌に分かるのを深まらせてください、」 問い合せ: さん/さんに Miyabe(080・3998・6500)。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がんを遺伝子外来で早期発見 »
« 二葉の里地区開発:最先端のがん治療施設整備 広島経済同友会、市に提言書 /広島