二葉の里地区開発:最先端のがん治療施設整備 広島経済同友会、市に提言書 /広島

二葉の里地区開発:最先端のがん治療施設整備 広島経済同友会、市に提言書 /広島

広島経済同友会は放射線治療が作られていて、3日での子葉の故郷の地区(東地区)開発のための軸と提案の本を発表と中国の経理局に提出しました、県ということであった最先端の癌の治療施設、および広島市を維持する計画を提出しました。 このミーティングが去年の1月に提案したという同じ場所地区開発イメージ考えで存在した癌の処理センターの広島大学医学部などの協力を受けました、そして、事業形態と利益などをさらに具体化しました。 プランの下で病院などの協力、同じ場所地区、および2番目のバスセンターのホテルを予想できて、それはchuushikokuの最先端の医療のセンターを向けます。
「それを切らずに、それを治療してください」という放射線治療が対象の高精度な放射線治療中央の施設を広島に維持して、放射の平和利用のシンボルとしてプランが使用されるのが可能にされます。 ビジネスモデルは国内で炭素の中の最初の陽子線治具*C、または高精度で、エックス線の治具を線治具*Bにして、存在する数個の内面の四国を*Aにする3を提案します。センター。 民間がそれがBとCのモデルであれば装置の価格と利益からそれに対処できるとき、それは、それの場所を見つけます。
「提案は健康保険アプリケーションの外で高度な医療の主流ですが、健康保険アプリケーションに基づく市民のためのものまで達しています。」と、Economic Develop代表幹事のための山本貴司1と日本委員会は説明しました。 それは事業主体などのモデル選択と具体化に取り組みます。 , そして、それは、将来、13年の始まりを向けるでしょう。
山本が広島市役所のサブ市長の米国kamitakeshiに提案の本を手渡した代表幹事。 米国神サブ市長も「提案を歓迎してください。 それをできるだけ支持したいと思います。 」それに答えました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん対策充実 リレーで訴え »
« 肝臓移植:肝臓がんの灘区・井戸俊子さんを救う会、米国で移植へ募金活動 /兵庫