肝臓移植:肝臓がんの灘区・井戸俊子さんを救う会、米国で移植へ募金活動 /兵庫

肝臓移植:肝臓がんの灘区・井戸俊子さんを救う会、米国で移植へ募金活動 /兵庫

「生きたいと思うこと」に?9700万円。入退院反復目標
肝臓癌が肝硬変から始められて、Hiroshiは、展開している神戸市のNada区の井戸Toshiko(41)が合衆国での肝臓移植とニューヨーク、井戸の夫優雅を受けるように資本を集めるために、中心に置かれた会社従業員(44)=であり、「井戸Toshikoが取っておかれたそれに会います」を形成して、同じ都市の中央区で募金活動を始めました。 Toshikoは困難を吸い込みながら病院で予断を許さぬ状況に上告するのに言います。 それは夏までに9700万円を目的とします。 【川上Akihiro】

この21歳でのミーティングに応じて、Toshikoは88年間白血病を受けました、そして、展開しました、そして、骨髄移植を受け取りました。 また、その場合、それがC型肝炎ウイルスに感染して、01における肝硬変と診断されて、肝臓癌が発症したと思われます。
兆候は回復しません、そして、05でhiroshiからの生体肝移植を受けましたが、最近、入退院を繰り返します。 それは、それが何年間以前にそれになるのを分からないことが示されて、国での脳死移植は調べられましたが、合衆国を向けます。
… 「人生」が続く限り、一生懸命働きたいと思います。Toshiko、「普通の人生に戻るのがtsuraのためだけに増加するのが、可能であったうれしさ) ikoto..theボディーと..hospitalの寿命心苦痛である、(」解決されたItとメッセージを送りました。 妻は、’生きたいと思います’と心から願っています。「私は、必ず、多くの人々と協力して欲しいと思います。」Itが呼んだHiroshi。
問い合せはこのミーティング事務局です。(078・341・2335 日曜日午前10時0分の)午後4時です。 ホームページは http://www.save‐toshi.net です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


二葉の里地区開発:最先端のがん治療施設整備 広島経済同友会、市に提言書 /広島 »
« がん対策の強化へ