がん対策の強化へ

がん対策の強化へ

公明党鹿児島県の本部局の若い人、(松田、hiroshitakashiに、局の指導官=県が兵士である、)、がん対策の強くなるのと増進が2番目の上で鹿児島市のYoshinochoの国と県に要求された通りの署名活動はそうします。
局のアセンブリ参議院議員(衆院選は九州と沖縄が妨げる候補=割合の計画をする)と松田の指導官は参加しました、そして、若い人の党員Kiyohiko富山が先にある状態で、それは署名への協力のためにこれを尋ねました。
(1) 署名活動におけるがん対策では、子宮子宮癌防止ワクチンの初期段階、休日の癌の診察の序論と普及の(3)普及(4)実行、および癌の診察血液検査の改良(2)の夜間の前立腺疾患を検出するApprovalが、公費負荷を増加させます。││6つの項目が要求されています。
マイクをつかんだ富山さんが、「日本は1年あたり34万人が癌で死んだ癌の大きい国でした、そして、また、新たに癌にかかった最大50万人が、存在しました」と指摘して、がん対策の拡大に懇願しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


肝臓移植:肝臓がんの灘区・井戸俊子さんを救う会、米国で移植へ募金活動 /兵庫 »
« がん対策推進へ議連 超党派県議45人