がん対策推進へ議連 超党派県議45人

がん対策推進へ議連 超党派県議45人

それは定期的に研究協会法令制定を目的とします。癌を予防して、処理のシステムを機能アップするために、県議会の両党連立の45人の議員が「県議会がん対策販売促進議員リーグ」を設立しました。 癌は全の国と県でも死の原因の先端です。 通常の研究協会が行われます、そして、がん対策の基本的な法令の県の制定と住民が癌を学ぶフォーラムを保持する具体的な活動は将来、進められるでしょう。
胃癌に苦しみます、そして、扱う経験を持っているkokorozaakira岡田議員(自民)は、議員のヒロユキ・佐々岡(公正)の他と共にgiren設立を提案します。 , その「がん対策販売促進のためのアセンブリで何かができませんか?」を言います。 ほとんどの議員が同意しました、そして、それはすべての会派が関与した両党連立のgirenになりました。
議員の岡田は設立総会で議長に選出されるでしょう、議員佐々岡。副議長、およびbinhisashiに選出されて、Tamai議員(民主的な)が事務総長にそれを取るということになってください。
現在の活動目標に*癌フォーラムを保つ非公式の懇親会の総会、Tamaiが制定する事務総長、および飲み物の後の記者会見、我慢強く*を保つセット6、通常の研究協会の家族、医療関係者、管理、県議会、企業、および報道機関の*がん対策を基本的であるとして保持する4意味法令で。 2006年9月に初めての国家の「がん対策販売促進法令」を制定した島根県が、点検されたと思われました。
議員の岡田「癌の操作がボディーであり患者が作られたとき、去年の夏に見たという情報の経験豊富であって、不安と少数であったので、それはそれを感じました。 それは、早期発見の促進早期治療精神的におよび気にかけることの増進のために心配しているパーティーに関する意見を聞いて、活動を進めたがっています。 」それは話しました。
県の健康厚生課などに従って、1年あたり約4000人は、1998年以降、癌で県で死んでいます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん対策の強化へ »
« 水辺から花見を楽しむ「さくらクルーズ」-がん木タクシーが運行