がん検診:県民の受診率向上へ 県、宮銀、東京海上が連携、県庁で協定書 /宮崎

がん検診:県民の受診率向上へ 県、宮銀、東京海上が連携、県庁で協定書 /宮崎

県、宮崎銀行、および県の住民の癌の診察の受診率を上げる東京海上日動火災保険の協力は承認されました、そして、2日間、協定覚書は県庁で結論づけられました。
「県のがん対策販促計画」に基づいて、県が昨年から5ケ年計画時点で始まったと予測してください。 30パーセント以下における3142年の原因による死が07で死んだ県の1万1362人の住民の中の癌であったということです。 それは、現在の10の胃や、子宮や、肺などの癌の診察の受診率を改良する目標です–50%に12年上がっている20%。
結論タイプで、この東国genhideo知事のKoichi小池、宮崎銀行の頭取、多気男性、および東京海上の日動火災の保険常務(九州と沖縄地区料金)は協定覚書にサインしました。
今月の6–「癌の診察に行きましょう」と書かれたリーフレットは、9月30日に窓で同社の政府機関における県と3つの東京海上ブランチの87の宮崎銀行店によって分配されます。 癌の診察は相談されて、それぞれの自治体の医師であり竹の炭の石鹸などの入浴商品を省略なしでアンケートに答えた人に贈るということです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


水辺から花見を楽しむ「さくらクルーズ」-がん木タクシーが運行 »
« 「がん教育」推進せよ