「がん教育」推進せよ

「がん教育」推進せよ

公明党の山本博は、積極的が特に「癌の教育」のときに参議院における、普及とがん対策の啓発にアプローチするよう要求しました。2番目の厚生労働委員会。
山本さんは病院が中学生のために書いた東京大学でその癌Keiichi中川准教授に関するパンフレットを紹介しました。 「義務教育の時代の癌の診察と防止の重要性を教えるのはがん対策の最大の啓発活動になった」としてのそれが強調したそれにおける若い世代に多くの展開するポイントに特に触れていて、要求された子宮子宮癌は、「癌の教育」に最善をつくして、働いていました。
「私は関する省、自治体、企業、および診察組織と提携して働きたかったです。」と、健康大臣の枡添要一は説明しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検診:県民の受診率向上へ 県、宮銀、東京海上が連携、県庁で協定書 /宮崎 »
« 局所再発乳癌(がん)は症状発現前の早期発見が鍵